1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
September 24, 2012

読書の秋! 本だけでなく図書館にも注目♪

テーマ:美容コラム:美ライフ

秋生まれのせいか、夏が終わりを告げると、身体じゅうがほっとしているのを感じる私。
ただ単に、年のせいで暑さによる体力の消耗がひどくなっているだけかもしれませんが……(笑)。


気温が高いと本を読もうという気分になれないのに、風が涼しく感じられる日があると
本を開きたくなるから不思議です。目


そんな今日このごろ。
仕事の調べ物をしようと思い、東京都北区の中央図書館 に行ってみました。
なぜ、わざわざ北区? といいますのも、
日本文学研究者のドナルド・キーン氏がこの図書館に書籍や絵画を寄付したというニュースを昨秋目にしてから、機会があったら行ってみたいと思っていたから(自宅から1時間弱で行けるのに、1年が経ってしまった……)。


ドナルト・キーン氏といえば、ご存じの方も多いかと思いますが、もともとはアメリカ人で
コロンビア大学名誉教授でもあり、日本文化を欧米へ紹介し、日本人よりも(?)
日本文学や日本文化の持つ美しさを知っている学者さん。


今年の3月、日本国籍を取得し、キーン ドナルドという日本名を取得、
鬼怒鳴門(きーん どなるど)という雅号を使っていることなど、
ワイドショーでも紹介されていましたよね。


その日本通のドナルド・キーン氏は北区の名誉区民で、北区のアンバサダーでもあるのです。
そんなご縁で、書籍や絵画を寄贈されたみたいでして……。


と、前置きはここまでにして。
東京都北区立中央図書館 、行ってみて驚いたのは、その建物の美しさ。
1919(大正8)年に建設された東京砲兵工廠銃砲製作所の赤レンガ倉庫の一部を保有活用しています。


かつては20棟以上も赤レンガ倉庫があったらしいのですが、時代の波とともに2棟が残るだけとなり、その2棟も取り壊す計画だったところ、
別の場所にあった中央図書館の建て替えと時期が重なったこともあり、赤レンガ倉庫の保存活用と旧図書館の建て替えを一気に実現したのだそう。目


赤レンガ倉庫を保存活用した重厚な壁や柱に、トップライトから自然光が入る明るい空間。
広い通路にガラスの間仕切りを多用した開放感のあるつくり。


カフェや中庭もあって、気分に合わせて好きな場所で本を読むことができます。
また、ユニバーサルデザインを至るところに採用していて、歩道から館内に入るのにも段差がなく、書架も低く設定してあるなど、誰もが使いやすいつくりです。


調べてみたら、2009年度のグッドデザイン賞を受賞しているほか、2011年には、第27回日本図書館協会 図書館建築賞を受賞しています。ビックリマーク


あまりの居心地のよさに、中庭を眺めながら雑誌をペラペラとめくり、1階玄関右側にあるカフェでお茶をして……気づいたら、帰る時間が迫っていました!


カフェは、白金にあるアトリエ・ド・リーブの支店で、ケーキや焼き菓子が充実していて美味!
広くはないけれど、雰囲気もよく、オシャレで、ここが公営の図書館だということを忘れてしまうほど。


2階にある子ども図書館も覗いたのですが、コルクの床にちょっとしたソファなどもあって、これまた居心地のよさそうな空間でした。
なんでもこの図書館ができてから、以前は1日1000人ほどだった利用者が今では1日約3000人、休日ともなると5000人もの人が訪れるのだとか。ひらめき電球


結局、今回はドナルド・キーン氏が寄贈した書籍も絵画も見る時間がなく、仕事の調べ物も半分で、滞在終了……。
でも。なんだかとっても贅沢な時間を味わえました。ニコニコ


東京在住の方でしたら、北区立中央図書館 、一度、行ってみるのがオススメ。美しい空間で本を読むと、自分まで美しくなったかのような気分が味わえちゃいますよ(笑)。


読書の秋。お家でまったり本を読むのもいいですが、ぜひ、みなさんも近くの図書館にあるよさを見つけてみてはいかがでしょうか。

RITZ MEDICAL PRESS-白

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。