関西学生サッカー選手権大会 | 立命館大学体育会男子サッカー部

立命館大学体育会男子サッカー部

いつも応援してもらっている我々を少しでも知ってもらえるように。


テーマ:
6月23日
第47回関西学生サッカー選手権大会の3回戦が行われました。
初戦を迎える立命館大学は神戸大学と対戦しました。


立命館大学 4(2-0)0 神戸大学

大雨の中行われた一戦は、序盤は両者とも引かぬ戦いを繰り広げる。14分に西林佳祐(2年=ファジアーノ岡山U-18)のアーリークロスに築山隼(3年=久御山高)が合わせようとするが、惜しくも合わず。一方、18分には白坂楓馬(4年=桐光学園高)が一対一で至近距離のシュートを打たれるが、気迫のセーブで失点を許さない。先制点が欲しい立命館は35分、ロングボールに抜け出した竹本雄飛(3年=サンフレッチェ広島ユース)が吸い付くようなトラップから築山とワンツーをし、最後は藤井智也(2年=長良高)がシュートを放った。これを相手キーパーがキャッチミスし、立命館は先制に成功する。一点を取ってからの立命館は相手を押し込み、42分には左サイドから藤本悠太郎(2年=阪南大学高)のクロスを、田中康介(2年=京都サンガF.C U-18)がヘッドで合わせ追加点を奪う。立命館は、2-0とし前半を終了した。
後半に入っても立命館のペースで試合は進む。テンポのよいパス回しから、サイドの藤井にボールが渡る回数が増える。59分、相手が藤井のサイドに寄ったところに中央で受けた竹本が裏への浮き玉のパス。ダイアゴナルに走り込んだ築山だったが、惜しくもボールに触ることはできず。ここで立命館は、さらにサイドを活性化させるために67分に田中に代えて、怪我から復帰した松下英右(3年=京都サンガF.C U-18)、70分に藤井に代えて崔貴善(4年=大阪朝鮮高)を投入する。続く75分には築山に代えて、明比友宏(1年=サンフレッチェ広島ユース)を投入すると、その明比が3分後の78分に藤本のクロスに合わせゴールを奪う。これが明比にとって公式戦初ゴールとなった。さらに81分に奥井大貴(1年=ガンバ大阪ユース)、90分に俣野亜以己(1年=京都サンガF.C U-18)の一年生コンビがデビューを飾った。終了間際に松下の得点で4-0とした立命館は、明日J-GREEN堺で4回戦に臨む。

応援ありがとうございました。

立命館大学体育会サッカー部さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス