関西学生リーグ前期10節 | 立命館大学体育会男子サッカー部

立命館大学体育会男子サッカー部

いつも応援してもらっている我々を少しでも知ってもらえるように。


テーマ:
関西学生リーグ前期10節で関西大学と対戦しました。





立命館大学2(0-0)3関西大学
得点者 延 祐太×2

アシスト 田中 康介
               藤井 智也


現在2連勝中の立命、今季初の3連勝を目指して関西大学との試合に挑んだ。


前半開始早々、関西大学がファーストシュートを放つと立命も負けじと、3分田中康介(2年=京都サンガU-18)の抜け出しからシュートを放つと、4分には藤井智也(2年=長良高)カットインからシュートと立て続けに2本のシュートを放った。

序盤 は攻守の切り替えが激しい展開が続いたが、徐々に立命館の守備の時間が増え始める。12分には関西大学FWがボレーシュート。

18分にはディフェンスの背後をとられピンチを迎える。しかし立命館の頼れるCB重松勇樹(3年=中京大学附属中京高)が二度の関西大学FWのシュートをブロックし守りきる。

21分にはPA手前でファールを取られ、ピンチを迎えるが、このフリーキックはバーの上を超える。相手の攻撃を耐えた立命館大、怒涛の猛反撃が始まる!!

24分には関西大学のカウンターを防ぐと次は立命館大学のカウンター、田中のカットインからの左足のシュート!これは惜しくもバーを超える。すると32分に大きなチャンスが訪れる。関西大学のPA付近のこぼれ球を延祐太(2年=JFAアカデミー福島)が難しいボールであったがボレー、素晴らしいシュートを放つがこれを関西大学のキーパーが右手一本のファインセーブ。しかし立命館の攻撃が止むことはなかった。直後に藤井がサイドからのドリブルで2人抜いたところで倒され、いい位置でのフリーキックを獲得。しかし藤本悠太郎(2年=阪南大高)のシュートは惜しくもバーを超える。35分には藤井のクロスに延祐太がアイデアのあるループシュート、惜しくも枠を外れる。

42分には築山隼(3年=久御山高)の敵CBの背後へのパスに延が抜け出し角度がないながらもキーパーと11をむかえる、これをキーパーが右足でセーブ。立命館が猛攻を見せたが無得点のまま前半終了。竹本雄飛(3年=サンフレッチェ広島ユース)と藤本をを中心に中盤を支配できた前半であった。しかし、全体を通して立命が多くチャンスを作っていただけに前半を無得点で終えたのは非常にもったいない。

後半開始早々、先にシュートを放ち仕掛けたのが関西大学だった、しかし2分立命館、右サイドから左に展開すると塩田晃大(3年=玉野光南高)が、クロス!それに延が合わせるがバーの上。ファーストシュートこそ打たれたものの立ち上がりは立命館大学のペース、しかしチャンスを作りゴール前までボールを運ぶもシュートまでいけないシーンが目立つ。

14分に相手の攻撃、左サイドからのグラウンダーのクロスがフリーの相手のもとに、ピンチを迎えるがこれを主将白坂楓馬(4年=桐光学園高)が体を張ってファインセーブ!なかなか点を決めることができない中、主将によるこのファインセーブで流れをもう一度ひきつける!続くコーナーキックではまたも重松がシュートブロック!

均衡が崩れたのが17分。田中の、前線のプレッシャーから高い位置でボールを奪うと、延に絶妙なスルーパス、これを延が落ち着いて決め立命館大学が先制、1-0とする。これで延は公式戦4戦連発。田中も前線で豊富な運動量を見せつけ素晴らしい守備であった。

23分敵の左サイドからのクロスでピンチを迎えるが白坂とCBを中心にピンチを乗り切る。

その直後であった、相手の攻撃、右サイドからのサイドチェンジを収められ左からのグラウンダーのクロスに東野広太郎(3年=サンフレッチェ広島ユース)が足を伸ばして防ごうとするも当たったボールがそのまま自陣のゴールへ。不運にもオウンゴールでスコアを1-1のふりだしとなる。

すると関西大学が一気に攻勢に出る。シュートまでは打たせてないもののゴール前に運ばれるシーンが多くなる。

そんな中31分、築山の前線でののキープから藤井が抜け出し待ち前の圧倒的スピードで敵を置き去りに、延にパスを出し、これをまたも延が落ち着いてゴール。チーム全体のシュート11本のうち7本のシュートを放った延。これで勝ち越し2-1とする。守備に徹してた時間帯に点を取れたことは非常に大きい。しかし38分敵の強烈なミドルシュートが突き刺さる。スコアを2-2とする。

直後、ゴール前で築山のパスに延と交代で投入された明比友宏(1年=サンフレッチェ広島ユース)が合わせるが相手ゴールキーパーのセーブに阻まれる。

3分のアディショナルタイムに、突入すると、相手の猛攻を受けるも主将白坂を中心に守り抜く。 残り時間わずかになったところ、相手のコーナーキックを打点の高いヘディングで合わされ失点。終了間際に逆転されてしまう。このまま試合終了。

2度のリードをモノにできず多くチャンスを作っていただけにこの敗戦は惜しい。

しかし、勝つチームの雰囲気というのが試合内容や応援からも伝わってきた。後は勝利のみ!!


またこの1週間勝ち点3を積み上げるために頑張っていきます!今後も応援よろしくお願いします!

 




次節試合情報
6月16日(土)
関西学生リーグ前期11節
vs近畿大学 @J-GREEN堺
11:30 kick off



立命館大学体育会サッカー部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス