リトラボ☆親子で楽しむ大分・別府の英語リトミック・ピアノ教室

すべての能力を伸ばす基礎となるリトミックをオールイングリッシュで!
亀川で行うピアノレッスンは「ソルフェージュ」を取り入れ、演奏だけでない、生涯音楽を楽むための「総合的な音楽力」を育みます♪


テーマ:

こんにちは!

 

英語リトミック・ピアノ講師の後藤珠美です。

 

 

 

今日は、リトラボの「英語リトミック」のレッスンでした。

 

2歳児クラスのこども達、

どんどん英単語を覚え始めています。

 

 

動物の名前、体のパーツの名前、色…

まだ舌ったらずのおしゃべりが、なんとも可愛い!です。

 

言葉を覚えてくると、つい親御さんが言ってしまうセリフ。

何だかわかりますか?

 

 

 

 

「これ英語でなんて言うの?」

英語を習わせている親御さんでしたら、

一度は言ったことがあるはず。

 
もちろん、
「絶対言ってはダメ!」
 
という訳ではないですが・・・
 
 
少々注意が必要!!
 
 
 
 
というのも、
「まだ完ぺきに覚えていない、自信が無い」
という状態で繰り返し聞かれると、
 
答えられない事で自信を失ったり、
「もう嫌だ!」
と感じてしまうことが往々としてあるからです。
 
 
大人だって、相手から「試されている」と感じると、
良い気持ちはしないですよね。
 
 
「ジャッジされているな?」
というのは、子供でも敏感に感じ取ります。
 
それに、「覚えた!」と自信がつくと、
こちらが尋ねないでも
指さししながら
「Eye!」、「Dog!」
とドヤ顔でアピールしたりします。
 
 
 
時には、子供の理解度を見るため、
質問することもありますが、
 
注意深く観察しながら、
過度にならないように聞いてみてくださいね。
 
 
「コレなんて言うの?」
と聞くよりは、
 
親御さんが
「Oh、this is blue !」、 「That is red !」
と楽しそうにつぶやいている方が
ずっと言葉が定着しますよ。
 
 
もちろん、個人差があるので
聞かれるのが大好きなお子さんには
大いに質問してあげてくださいね音譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまみ先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント