去る10月10日(土)に、ランチワインテイスティングセミナーを開催いたしました!
タイトルは「ワイン de アフタヌーン」
土曜の昼下がりに、プーリアワインを学びながらお食事をしていただく気軽な会です。
第1回目の今回は、プーリア州ブリンディシを代表するワイナリー「Tenute Rubino」のワイン3種をテイスティングしながら、レクチャーとお食事を楽しんでいただきました。
ワイナリーのヒストリーや、考え方、ワインに対する情熱を知ることで、さらに味わいに深みが増していくのを感じ取っていただけたことと思います。

近年、着々と評価を上げている「Tenute Rubino」
ススマニエッロという土着品種に光を当て、世に知らしめたその功績と、フィアーノやオッタヴィアネッロなど、今まで栽培していなかった新しい品種へチャレンジし、ハイクオリティーなワインを生み出していく飽くなき探求心には、心から敬意を表します。
また、そのような生産者のワインをみなさまに伝えることが使命であり、プーリアワインを突き詰めてきたコルテジーアだからこそ出来ることだと、改めて感じることができました。

悪天候の中、お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

次回は11月28日(土)に開催予定です!

詳しくは http://r-cortesia.com/73929/?p=1707&fwType=amb&blog=6244