トライ&エラー ロボットアカデミーの授業 | 立志ロボットアカデミー ブログ

立志ロボットアカデミー ブログ

「やってみる」「自分で考える」ー。
立志ロボットアカデミーの教室からお伝えします。


テーマ:
 ロボットアカデミーの授業の中で、
子供たちに身につけて欲しい力の中に、

「仮説、検証する力」

というものがあります。


 


自ら仮説を立て(想像して)、
実際動かし、それを検証して
改善していくというものです。
それを何度も、何度も



 



 



つまり

トライ&エラー

を繰り返していくということです。



社会に出たらトライ&エラーの繰り返し。



子供たちにはこのロボットアカデミーの授業で
今のうちからトライ&エラーの発想持ってもらい
実践しています。

ロボットを作成
 

ミッション(授業の課題)に対してプログラムを組み
実際に動かしてみる

 

自分の考えと違う動きをしたら改善箇所を発見し
直していきます。


時にはみんなで検証ししたり。

 
 
そしてミッション(授業の課題)ミッションクリアに向けて
何度もトライしていきます。

いよいよミッション(授業の課題)に挑戦

  

良い結果が得られるまで何度も
トライ&エラーを繰り返そう。

risshi-robotさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス