立志の卒塾生達3 受験日の前日まで「安心」なんて言葉は頭の中に微塵もなかった。 | 立志塾中学部高校受験科のブログ

立志塾中学部高校受験科のブログ

立志塾 中学部 高校受験科の今をお伝えします。

 

立志塾の礎を作ってくれた生徒といっても過言ではありません。

「本気の思いは必ず叶う」

それを見せてくれた生徒でした。

 

 

 

 

 

〔中学・高校・浪人と7年間を立志塾で過ごし、

 加茂高校→慶應義塾大学(環境情報学部)に合格。

 

大手外資系企業に勤務する。

大学在学中は、毎年年末に行われる「センター英語で190点とる会」等で、

その経験や学習方法を後輩に伝え続けた。

 

 

 

「等身大の自分を受け入れること。」

 

 


 今振り返って思うと、受験を通して学べたこと、そして今も活きていることはこれだと思う。
 どうしてあいつは自分よりそれほど勉強していないのに点数が取れるんだろうと落ち込む、

 あるいは、目標に達していない自分に不安になり、落ち込み、目の前のやるべきことに

 集中できず逃げ出したくなる、そう思うことは、点数という絶対的な比較基準の下で勝負

 する受験において一度は感じることだと思う。僕自身も、受験のときは最後の最後まで合

 格基準点に達することができず、受験日の前日まで「安心」なんて言葉は頭の中に微塵もなかった。

 続きはこちらから

 

 

立志塾の夏期講習会が始まります。

彼らも受けた夏期講習会。

圧倒的な自信があります。

⇨ http://www.sylvan.jp/summer2019.html

 

まずはお電話下さい。