模試で結果を出したいと思っている高校2年生へ | 立志塾 高校部 大学受験科公式ブログ

立志塾 高校部 大学受験科公式ブログ

立志塾 高校部 大学受験科の今をお伝えします。

高校2年生の皆さん。

 

 

 

模試で結果を出したいならば、

戦略と戦術を持って向かわなければ結果を

出すことはできません。

 

 

 

 

もう始めませんか?

 

 

立志塾には受かる戦略と戦術があります。

 

 

結果を出す自信がハッキリ言ってあります。

 

 

 

 

どんな戦略なのか?

 

 

 

高校2年生、英語。

 

 

英語を例えにお伝えしますね。

 

 

英語で結果を出す手順。

 

 

1.語彙(単語、熟語)暗記

2.構文理解

 ※高校1年生までに学習した文法をまとめ直す感じでしょうか。

  例えば「it」という単語を見たとき、そこから派生する情報を瞬間に取り出せるように

  する。

 

  強調構文のitかな?

  形式主語のitかな?

  itを使った熟語かな?

 

  情報をまとめ直すのです。

  これを2年生のうちに終える。

 

3.長文読解

  いきなりの超長文ではなくて、ある程度の短長文を文構造を取りながら

  読んでいく。

 

 

この1〜3の流れを短期間で学習していくのです。

 

 

 

教材と映像教材はこちらで指定していきます。

 

 

それを毎週計画を立てて、

消化していく。

 

 

 

1の語彙に関してもテストを実施。

2の構文に関しても、中身の暗記をしっかりテストを

して次にと進んでもらいます。

 

 

全ての授業の流れをしっかり管理していく。

 

 

 

「管理する」最大の定義が、

 

 

学習した内容を必ず暗記テストを行い

合格してから次に行くということ。

 

 

 

内容を暗記せず、次々行っても結果は全く出ません。

 

 

 

立志塾は全てその場で暗記してテストをやってもらっています。

 

 

内容を自宅で暗記してもらうのも良いですが、

 

 

現役生の子達は学校の授業もありますから、授業の中で

暗記してもらい合格して帰ってもらう。

 

 

 

ブレない流れでこの流れをやり続けることによって

圧倒的な結果を出すことができます。

 

 

 

 

特に高校2年生の子達から大学入試制度が大きく変わります。

 

 

 

より戦略が必要になってくるのです。

 

 

 

しかしながら、どんな形になるにせよ、

英語という言語が変わるわけではないのですから、

今こそどんな状況になろうとも耐えれらる英語を身につける

のです。

 

 

 

 

まずはカウンセリングから始めましょう。

 

 

お電話ください。

今の状況からどう受験に向けて流れを作っていくのか?

一緒に考えます。

http://www.sylvan.jp/ichtop.html