7月「センター数学9割超える合宿道場」① | 立志塾 高校部 大学受験科公式ブログ

立志塾 高校部 大学受験科公式ブログ

立志塾 高校部 大学受験科の今をお伝えします。


立志塾高校部大学受験科のTVCM
出演者はすべて立志塾の卒塾生です。







71213日に
東京都文京区本郷の
赤門前で


東京都文京区本郷5-25-14
竹下ビル7階  市進ウィングネット
東京大学赤門前

今回、
市進ウィングネット様の全面的なご協力のもと、
市進ウィングネット様の会場をお借りしての
開催となります。

市進ウィングネット
http://ir.ichishin.co.jp/ir/group/group_02.html


「センター数学9割超える合宿道場」
http://www.sylvan.jp/centermath.html

9割道場8


の開催が決定しました。



今日から、
この講座で扱う内容を紹介していきます。



第一弾は「2次関数」




突然ですが、


あなたは今2次関数でどれだけ
点数を稼げていますか?



満点ですか?




それとも始めの問題しか解けず、
弱点になっていますか?





「センター数学
9割超える合宿道場」



における
2次関数の扱いは、




「満点を取りに行く。」




そんな単元です。




2
次関数は、
「平方完成」、「グラフの移動」「関数の決定」
「解の存在範囲」「最大・最小」


など出題される問題は完全にパターン化されています。




情報変換を使いそのパターンを瞬時に見切ります





今なかなか点数が取れていなくても、
満点が取れるようになるんです。







しかし
2次関数についてはもっと欲張ります。




あなたは
2次関数を解くのに
どれだけの時間を掛けていますか?



15
分ですか?
20分ですか? 




断言します。
情報変換を駆使すれば




10分以内に満点」です。




今回の講座を受けて、

情報変換を習得してくれれば、
あなたの問題文の読み方が変わります。


問題文のどこに注目すればいいかが
わかるようになります。


どのパターンの問題かが判断できれば、
その問題の解法が思い浮かんできます。


その結果どうなるか、

問題文を読むだけで、
どんな公式を使うのか、
どんな式を造ればよいのかがわかり、

残るは計算だけです。


計算に徹することができれば、


10分以内で満点」


これが「センター数学
9割超える合宿道場」の
2
次関数なのです。
http://www.sylvan.jp/centermath.html








それでは東京でお待ちしています。


センター数学9割超える合宿道場 赤門前
http://www.sylvan.jp/centermath.html


文責:「センター数学9割超える合宿道場」
    開催事務局担当土屋でした。



立志塾高校部大学受験科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス