櫻井幹也オフィシャルブログ「理想論」

ボイストレーナー・シンガーソングライター


テーマ:


「明日はあいにくの雨が降るでしょう」

お昼の天気予報で、
キャスターがそう言った。

もしかしたら今日が、
桜のピークかもしれない。

そう思い、
以前許可を頂いた事もあり、
ギターとビデオカメラを持って、

母校である「伏見南浜小学校」へ自転車を走らせた。

そして教頭先生にご挨拶をし、

誰も居ない校門と桜並木を、
(バックではなく)フロントにして、

主人公のその後の雰囲気として、
今の僕の心境を二番の歌詞として添え、

コトバショvol.2」として、
「森山直太朗」さんの「さくら(独唱)」を歌って来た。

タイトル通りまさしく、
「独唱」だったけど、

鳥のさえずりと、

風の音色と、

行き交うバイクや、

車や電車の音と、

ハーモニーを奏でてた気がする。

誰もいないのに、
メチャクチャ緊張した。

誰もいないからこそ、
自分の心の細かい細かい部分が、

瞑想してるかのように、
あらわになって唄と向き合えた。

テクニックに走ろうとする自分を止めたり、

前から誰かが歩いて来て、
目が合ったらどうしようとか、
っていう妄想を振り切ったり、

とにかくこの唄と言葉に、
集中する為に全精力を注いだ。

そのせいか歌い終わった後、
内臓がすごく痛かった。

「唄ってすごいエネルギーを使うんだなぁ」。

一年間ライブ活動から遠ざかっていた事で、
改めて歌う事の凄さと難しさを感じた。

帰り際ギターに夕陽が映り込んでいた。

20150331a

ギターホールの中に、
沈んでいきそうで何だか、
ずっと見ていたかった。

片づけて門を出ようとした時、
アウトロで画面を左から右へ、
歩いてった黒猫が僕を見てた。

なんだか23年前も、
この猫に見られたような、
錯覚におちいって首を振った。

歌詞通りあの頃の友達は、
いまどこで何をしてるんだろう。

この場所で又、
会える日が来るといいな。

その時桜の花びらが一枚、
僕の自転車のカゴに入った。

掴もうとしたら、
スルリと落ちて飛んでった。

「又会えるよ。
掴もうとせずに、
ただ待ってれば必ず」。

そう言われた気がした。



※上記写真:櫻井幹也(京都・伏見)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

櫻井幹也(ボイストレーナー)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。