電子書籍の無料キャンペーンの意義について──その2 宣伝広告 | 電子書籍を出版しよう! 電子出版プロデューサー 八鍬 兼二 の日誌

電子書籍を出版しよう! 電子出版プロデューサー 八鍬 兼二 の日誌

   電子書籍を通じて、デジタル世代へ知識の継承を実現する!


テーマ:

仙台らしいビルです

<仙台らしい感じのビルです>


最初の読者は、1,000人から始めましょう。

これは、無料キャンペーンを利用することで実現可能です。

あなたの電子書籍が、読んで良かったと思える内容なら、この1,000人からレビューや、クチコミが発生します。

日本で最も来訪者数の多い書店で無料で宣伝できるのです。

利用しない手はありません!


■ 無料キャンペーンを効果的に行う出版計画なら

電子書籍を執筆しようと思ったら


■ 電子出版の知識を体系的に基礎からしっかりと学ぶなら

電子書籍出版大学バナー

■ ブログには書けない電子出版情報と音声セミナーをお届け

メルマガバナー

八鍬 兼二【Kenji YAKUWA】電子出版プロデューサーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ