数字のマントラ 実験②

テーマ:

今回は、現在病気や怪我の後遺症等の方で『数字のマントラ』での実験に協力していただいている方々をご紹介します。








①Yさま 60代 女性

去年2月に左耳突発性難聴になり、その後完治せず、自閉感や、耳鳴り、めまいが続いています。
ストレスからだと思います。
また、右膝等の痛みや、腰痛も発症しています。


②Aさま 30代 女性

5年ほど前から、尋常性白斑という慢性皮膚疾患になり、塗り薬を出して頂いていますが徐々に増えたり広がったりしています。
幸い顔に症状は出ていませんが、いつ出てくるかもわかりません。
原因は不明で可能な限り調べましたが、根本原因は不明でした。


③Sさま 30代 男性

ヘルニアと突き指で筋が突っ張てる。
突き指は学生時代のバスケです。


④Oさま 30代 男性

元々アレルギー体質なのですが、4年ほど前から食品アレルギーが悪化しました。
命にかかわる症状はないですが、食べると調子が悪くなる食品が多く、ほとんど何を食べても食後だるくなります。
おそらく「リーキーガット症候群」(腸に小さい穴ができている)と思われます。
サプリメントや断食など試していますが、あまり変化がなく困っています。


⑤Mさま 50代 男性

右眼網膜の黄斑部に何らかの原因で炎症が起き、新血管増殖により当該部位が肥大変性し、モノが歪んで見える、という症状が起きています(2年ほど前からです)。
大学病院では緊急性はないという診断を戴きましたが、原状回復は難しい疾患のひとつとされているようです。手術という選択肢もあるのですが、それによりかえって症状が悪化するケースも多数あるようで、民間療法や気功等含めて試行錯誤を繰り返している状況にあります。


⑥Kさま 30代 女性

潰瘍性大腸炎
2008年8月〜現在
原因
・西洋医学によると、自分の免疫が自分の細胞を攻撃する自己免疫疾患
・ホメオパシーによると、小さい頃の親との関係からくるトラウマ


⑦Mさま 50代 男性

病歴は、糖尿病27年インスリン注射を日に4回自己注射をしています。
病歴詳細
糖尿病
白内障 網膜症
胆嚢は摘出してありません。その他は、健康です。


⑧Iさま 80代 男性

お願い出来したいは、自分ではなく、前立腺癌で闘病中の横浜にいる88歳の父親。PSA値も上がって来たため、是非にとの事。
経過は口頭で聞いたものを自分がメールでお伝えする方法を考えています。


⑨Kさま 40代 男性

3年前に会社の親睦会でボーリング大会があり、その時に足を滑らせ右足首関節の三果骨折をやってしまい、病院で手術をしてリハビリをしました。歩行や軽く走るなどはできますが、関節が固くなってしまい柔軟な動きがとれません。また神経を痛めたのか足の親指先がチクチクと痛む状態が続いています。足首は冷えると痛みます。


⑩Yさま 幼児 

県立こども病院にて、精密検査を行い、ショック症状を伴う、血液分布異常(アナフィラキシー)と判断され、月一回の1日入院で、負荷試験などを現在受けています。現在三年目になります。
専門の担当医がおり、経過を見ています。
病院での治療薬投与は、一切無いこと、
三ヶ月に一回血液検査を受けて状況把握できること、
また、生後10ヶ月で、アトピー、喘息、食物アレルギーがあったので、先天性の病気ということ




現在、この10名の方に基本的に数字のマントラを1日3時間以上聴いてもらい治療にあたっていただいています。