イベント集客コンサルタント 内田奈津子「イベント・イノベーション」

イベント集客コンサルタント 内田奈津子「イベント・イノベーション」

株式会社ライズサーチの社長、イベント成功の秘訣をお伝えするイベント集客コンサルタント 内田奈津子のブログです。


テーマ:


イタリア留学時代のデータがたくさん出てきたので
その頃の写真を見て懐かしがっています。
 
まぁ、とにかく自称自撮り元祖としての自撮り画像が
たくさんできたわけですが、
この頃の私は「一重」なんですよ。
 
私イタリア留学から帰ってきた直後に
なんと「二重」なったんです。
 
手術なんてしてません。
 
イタリアから日本に帰ってきたら、
自分の部屋に超ほこりがたまっていて、
アレルギーを発症してしまったんです。

それで目をゴシゴシしてたら、二重になっちゃんたんです。
 
すぐもどるだろうと思っていましたが、
そのまま二重になってしまった次第です。
 
花粉症の季節です。一重の皆さん!!チャンスですよ~♪
 
※内田は一切責任を負いません

テーマ:
{DF44F4B9-C172-4AEC-A761-69D70E2F8B87}

 

内田、久しぶりに歌います!!

 

 
予定演奏曲は
 
蝶々夫人「ある晴れた日に」
トスカ「歌に生き、恋に生き」 ほか

でございまーす♪

名曲ばかりでドキドキしております。

オペラは本当に面白い。

今回は、イタリア物オペラ、フランス物オペラ、
ドイツ物オペラ(というか今回はモーツァルトかな)とあります。

私はほぼイタリア物しか歌わないので、
フランス、ドイツの作品に触れることがほとんどないわけですが、
今プログラムの準備で勉強していると作品自体の骨格というか、
カラーが違うわけですね。お国柄を感じます。

イタリアオペラばかり触れていると、

「フランスオペラって印象派の絵画みたい。何この繊細さ~情景が目に 浮かぶような色彩的な美しさ~」と思いますし、

「ドイツ、深け~、哲学的~なんか色々考えてそ~(雑な感想ですが)」

なんて感じたりします。

ドイツものは解釈にかなり幅がでると思うので
演出によってかなり見え方が違ってくるのも
楽しみのひとつかもしれません。

イタリアオペラは、良くも悪くも感情があけっぴろげで、そういうところが自分にはあっているのかもしれません。

はじめてオペラのガラ・コンサートを聞くよって人にも楽しめる内容だと思います♪
ぜひ遊びに来てくださいね。

ピアノ合わせの様子でございます。
※音が出るので要注意です。

会場でお待ちしております。

2018年4月13日(金) 19:00開演(18:40開場)
【チケット】 大 人 2500円 /  学生 2000円

チケットのお申し込みはこちらから♪

http://classic-concert.info/mystery/

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス