韓国語を授業で教える小学校、中学校が多いらしい。 | 散歩・道草~たまには…
2017年08月08日 09時51分00秒

韓国語を授業で教える小学校、中学校が多いらしい。

テーマ:特亜と政治

ブログ「凛として愛」さんのリブログ投稿記事です。

---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- 

最近、韓国語を授業で教える小学校、中学校が多いらしい。
異常では?


大津中学生いじめ自殺の事件で、担任がハングル(韓国語)を授業で教えていたと一部で報道されました。調べてみると、この中学校だけではなくハングルの授業を行う小中学校は日本全国にあるようなのです。


以前から、大阪の小中学校ではハングルの授業がある学校が多いと有名でしたが、この傾向は全国規模だったのです。「長崎小6女児カッター殺人事件」が起こった小学校でもハングルを学ばせていました。また、調べてみると、驚いたことに私の母校である中学校でも総合学習の時間に韓国語を教えていることが判明しました。

 

全うな感覚の持ち主ならば、これがいかに狂った所業がわかるはずです。何を考えているのか理解に苦しみます。小中学校からハングル教育を行うのは、どう控え目に見ても異常です。


個人が好きで勉強する分には一向にかまわないのですが、公用語人口が少なく、文献数・学術論文数もゼロに近い言語を、まるで第一外国語のような扱いで教えるのはいかがなものでしょうか?はっきり言って、ハングルを学んでも将来役に立つことはまずありません。


【公用語人口(百万人)】
英語      1400 
中国語     1000 
ヒンディー語  700
スペイン語   280 
ロシア語    270
フランス語   220 
アラビア語   170 
ポルトガル語  160 
マレー語    160
ベンガル語   150
日本語     120 
ドイツ語    100 
韓国・朝鮮語 60  ← 義務教育の小中学校で、この言語を

                教えるどんな理由があるのだろう。

 


 

考えられる理由

◎ 在日教師の増加により、学校側も反対できなし。彼らはすぐに「差別だ」などと騒ぐので従わざるをえない。

◎ 地方の学校に在日朝鮮人教師の校長、教頭が在任いしている。あるいは教育委員会に在日教師上がりが委員として在任。

 

いずれも現実としてあるわけですから、文科省は手を打つ必要があるのではないかと思うが、韓国、朝鮮がらみの案件については何もできないのが日本政府。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

riroronさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ