結婚記念日ディナー

テーマ:

今回の内容はインテリアとも猫とも関係が無いのですが、自分の忘備録として記録しておきます。

 

 

先日、結婚記念日のディナーに行って来ました。

 

 

去年の記念日は大名古屋ビルヂング内のフレンチ「Maison LePinMura」でしたが、今年はココ(´∀`)

 

 

名古屋マリオットアソシアホテル内の「ミクニ ナゴヤ」です。

 

 

ミクニはホテル最上階の52階。高層階でマジックアワーからの夜景を楽しみたくて少し早めの時間に予約してもらったのですが、この日は生憎の雨。

 

 

2年前、結婚式を挙げた日も朝から土砂降りの雨でした。

 

 

式の時は奇跡的に快晴になり外でフラワーシャワーが出来たのでこの日も期待しましたが、15階のホテルロビーからの夕暮れはご覧の通り微妙な感じ・・・

 

 

奇跡、起こらず(笑)

 

 

気を取り直して、ホテルロビーで仕事帰りの夫を待ちます。

 

 

名古屋駅直結という立地からか、スーツをビシッと着こなした外資系ビジネスマンの姿が多かったです。

 

 

ホテルの高級感溢れる内装にうっとり(*´ω`*)

 

 

結婚してからというもの、出かける時は家から一緒に出ることが多いので、こういう洗練された空間で夫と待ち合わせるのは久しぶり。

 

 

エントランスから歩いてくる夫は薄目で見ると周りとの相乗効果でいつもよりすこーーーーーしだけ(笑)カッコよく見えて、結婚記念日にこういう風に待ち合わせをするのも新鮮でいいなぁと思いました(〃∇〃)

 

 

エレベーターで52階のミクニ ナゴヤへ。

 

 

平日早めの時間ということもあって店内は空いていて、5席ある窓際のテーブルへと案内していただきました。

 

 

雰囲気も夜景も素晴らしく、何よりお料理がとても美味しく感動したので、長くなりますがメニューの内容を記録しておきたいと思います。

 

 

アニヴェルセルという記念日コースをいただきました。

 

 

まずはグラスシャンパンで乾杯して(写真撮り忘れちゃいました)!

 

 

お口取り

 

湯引きした川下魚(?)は身がきゅっと締まって少しコリっとした食感が面白かったです。コンソメのジュレが添えてあったのですがこれがとても濃厚で美味!トマトも味が濃くて感動。中央の黒いのはキャビアでした。

 

 

前菜の前に白をオーダー

 

飲んべえのくせに全く詳しくないのでソムリエさんにお任せして、2011年のムルソー1級をハーフで。なんかいろいろ説明していただいたんですけどチンプンカンプンでよく理解できず申し訳なかったです(笑)

 

 

前菜1品目

フォアグラのフラン カソペナードとプラリネのクレームブリュレ仕立て 完熟マンゴーを添えて

 
フォアグラのクリームブリュレって、「これってフォアグラ入ってるのかな~??」と疑問に思うものもあるけど、そこはさすがミクニ。めちゃくちゃ濃厚でした。
 
 
上に添えられているマンゴーのソルベと一緒に、カリカリのラスクに乗せて食べます。
 
 
食事系のメニューを甘いものと一緒に食べるのは苦手なのですが(酢豚にパイナップルとか、ポテトサラダにリンゴとかね・・・)、濃厚なフォアグラを甘味の強いマンゴーが程よく中和してくれて最後まで飽きずに食べられました。
 
 
前菜2品目
スミイカのグリエ ピストゥーの香り そのイカスミのリゾット添え アンチョビのクリームソース
 
どのお料理も美味しかったけど、順位をつけるならこのお料理がダントツのNo.1!!
 
 
テーブルに運ばれてきた時に、ライムの香りが鼻を襲ったのに驚きました。
 
 
一番上の緑のものは、春菊のソースを焼いたもの。フライパンで焼くときに水分と油が分離してこのような不思議な形になるそうです。サクサクとした食感とクセのある味がとても好みでした。
 
 
その下には三重県産のスミイカ。さらに下層はそのスミイカのイカスミ(ややこしい・・・)のリゾット。
 
 
夫に「実家の島で取れるコブシメという種類のイカが世界で一番美味しいと思っていたけど、このスミイカという種類のイカはコブシメに味が似ていてめちゃくちゃ美味しい!!愛知でこんなに美味しいイカが食べれるなんて感動!!」と、興奮しながら語っていたのですが、今調べたらスミイカとコブシメは同じコウイカ科だそう。一つ勉強になりました。
 
 
続いてはお魚料理
オコゼとオマール海老のクレピネット包み焼き ほうれん草  雲丹ソース
 
上に載っている葉っぱはほうれん草を乾燥させたものだそうです。たまに我が家の冷蔵庫の隅でも使い損ねた葉物がこうなってるなーって思ったけど、お上品な場ですからもちろん口には出さずに黙ってましたよ(笑)
 
 

ほうれん草の中はオコゼの魚肉とオマール海老(見えていませんがすりつぶさずにゴロっと入っていました)の魚肉団子のようなもの。雲丹のソースは美味しかったのですが、私が練り物があまり好きではないからかスミイカほどの感動は無かったです。

 

 

お団子状のものがクレピット包みだそうで、クレピットって何だろう?と調べてみたら、なんと、豚の大網らしい( ̄□ ̄;)

 

 

あの、開腹オペの時に邪魔になるやつ・・・食べられるんだ・・・(゚_゚i)

 

 

スミイカといい、後から調べると色々な発見があって面白いです。

 

 

最後はお肉料理

フランス リムーザン産 子羊背肉のロースト 根セロリのピュレ添え エストラゴンの香る そのジュレと共に

 

運ばれてくると同時に、お肉からジワジワと染み出してしてくる肉汁にくぎ付け!!

 

 

表面はしっかり焼き色が付いているのに中は均一に火が通ったピンク色。こんなに綺麗に火入れできるものなんですね~!!低温ローストなのでしょうか??一般家庭では絶対にできない技だと思いました・・・

 

 

肉質も柔らかいけれどぎゅっと濃縮されていて美味しかったです。

 

 

お肉に合わせて赤ワインも飲んだのですが、いい感じにほろ酔いで写真撮ってないです・・・(*´Д`)=з白と同じくムルソーを選んでいただきました。

 

 

お口直し

文旦のグラニテとコンポート はちみつのジュレ 苺と共に

 

 

デザートはワゴンに載って登場♪

 

 

この中から3種類を自由に選べます。こういう演出ってテンション上がりますよね~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

 

記念日のメッセージと、シュクレフィレの王冠❤

 

 

 

撮ってもらった写真をその場で印刷していただき・・・

 

{666A5A8E-F697-4080-8621-0A219322B0B7}
 
紅茶と共にプチ・フルールを頂いてディナー終了♪
 
 
お口取りからデザートに至るまで全てのお料理が、味覚以外にも嗅覚や視覚をも刺激するメニューでした。
 
 
そして何より驚いたのは、どのお料理も一皿の中に色んな味が混在していて、どれも単独でも成立する味なんだけど、混ざり合って一番ベストな状態になっているところ。
 
 
8品のフルコースが20品くらいに感じて、本当に感動しました。
 
 

マジックアワーが見れなかったのは少し残念だったけど、ディナーの途中からは雨が小降りになってきて、52階からの素敵な夜景も堪能することが出来ました。

 

 

 

 

 

あと、これは私たちのことではないんですけど、ちょっといい思い出になったので書いておきます。

 

 

ディナーの最中、少し離れた席にいた美男美女の素敵なカップルの男性が、女性に薔薇の花束を渡すサプライズが❤

 

 

「キャー❤プロポーズだぁ~(/ω\)」と思いつつもコッソリ観察していたところ、奥のテーブルにお一人でいらしていた年配の外国人男性が、大きな声で「Congratulations!!」と席を立ち拍手(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

 

 

釣られて私たちを含め店内にいた全員がみんなで拍手してお祝いしました(♡ >ω< ♡)

 

 

美男美女のカップルも素敵だったけど、一番素敵だったのは一番最初に拍手したおじいちゃまでした❤

 

 

きっとあのカップルは、夫婦になってからも今日のことを思い出すんだろうなぁ・・・

 

 

偶然同じ場に居合わせただけの私たちですが、彼らの人生の中でも思い出深い日を一緒にお祝いできて幸せでした!

 

 

 

 

楽しい時間はあっというまに過ぎてしまい、夫は次の日から海外出張のためそのまま名駅泊まりで私だけ帰宅。

 

 

帰りの電車の中で寂しくなってしまい、こんな日くらい一緒にお泊りしてくれば良かったかな~と名残惜しく思ったのですが・・・

 

 

玄関を開けたとたんに駆け寄ってきたじょしゅとつくしに会ったらそんなのぜーーーんぶ忘れて、やっぱり我が家と猫が一番だと思ったことは夫には内緒です(笑)

 

 

 

 

普段はなかなか行けないようなお店で楽しい時間を過ごせて嬉しかったのですが、何よりのご褒美は人間も猫も健康で一年間過ごせたこと。

 

 

来年の今日も、変わらず穏やかに迎えられたらいいなと思っています。

 

 

だいぶ長文になりましたが、最後まで読んで頂いてありがとうございましたウインク

 

 

 

 

いいねやブログ村へのクリック、大変励みになります❤

 

リプログやコメントも大歓迎ですのでお気軽にどうぞ♪

 
 
 
 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村