「大奥 華の乱」

将軍綱吉とその母、桂昌院が権勢を振るった時代チューリップ赤チューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジヒマワリ

最初に言っておきます。
このシリーズの中では、一番地味な内容だったようなあせる

華の乱、と派手な題名ですか、
登場人物、内容が地味ひらめき電球

…さて、気を取り直し、



いくら、華の乱とはいえ、華、多くねはてなマーク

登場人物の判別不可むっ


なので、主要人物から

主役、安子→内山理名パー





御台所信子→藤原紀香グッド!





側室お伝→小池栄子チョキ




眉毛ないっす 怖いっす叫び


将軍綱吉グー




紀香と栄子に飽きた将軍。

なんだべ ただのエロ将軍じゃないか!?
若干、顔にやけてる。


後世に犬将軍と言われてるとは、うっかり者すぎパンチ!


親バカ桂昌院が家臣に命じて、安子の家、牧野直貞(平泉成)邸で能を舞わせ、綱吉にも羽を伸ばしてもらおうと夜伽を用意させる。

しかし、
綱吉が所望したのは直貞の妻→阿久里だった。

さらに安子にまで手を伸ばそうとする綱吉。


とんでもない将軍がいたものだ叫び


阿久里は自害し、安子は夫成住と離縁。


伏魔殿、大奥に仇を取るため、綱吉の側室として乗り込む安子むかっむかっむかっむかっむかっむかっむかっ


待っていたのは、お決まりのイジメあせるあせる

仇を取りにきた安子。何をさせても強気プンプン

御台所信子役の藤原紀香、おかしな京都弁を話す耳


上様のおなり~合格合格合格合格合格




火花バチバチ爆弾爆弾爆弾


…また、出てきたぞドクロ 北村一輝→柳沢吉保

さわやかそうな顔をしてるが、かなりの野心家ドンッ




だって、自分の側室、染子を将軍の側室として差し出す




吉保のためならと、健気な染子ドキドキドキドキドキドキ
しかし、妊娠発覚叫び

吉保、染子とは身に覚えがない
家綱のお子と言い張るパンチ!

そんなこと、さすがの将軍綱べぇ(←ヒドイ)も信じない
でも、おとがめなし。 知らないふりを通す
ちょっとは、綱べぇ、いい奴かも音譜

…しかし、染子、自害。

そんな時、桂章院死去むっ



紀香、蝋燭の蝋を廊下にたらし、安子の流産を試みるが、自分の着物に引火。
大火傷 メラメラメラメラメラメラメラメラ
一人で死にとうないと、綱吉を脅すあせる

数日後、死去むっ





そして、綱べぇ、吉保に間違って刺され、死去むっ





安子は、尼になり、城を出て終わり

安子は、仇を打てたのかはてなマーク

にっくき、綱べぇが吉保の手で殺された

しかし、
綱べぇの将軍であるが故の心の闇も見た安子。

安子の子供、栄子の子供の死ドクロたくさんの死をみた安子

俗世間の儚さを身を持って知ったのでははてなマーク

あまりに、
ざっくり過ぎるあらすじ&感想ですが、
写真の枚数制限があるため、こんな感じでご了承をショック!