子なしを選択した女性へ❁

*あなたらしい、自分基準の幸せな人生を。


子なし専門❁
カウンセリングコーチング、
エリです。





どうして自分は不妊症なのだろうか。
どうして私だったのだろうか。



もしもあの時、

無理なダイエットさえしなければ…


もしもあの時、

ちゃんと婦人科を受診していれば…


もしもあの頃、

避妊せず もっと妊娠に積極的になれていたら…


もしもあの頃、

もっと早く不妊治療に踏み切れていたら…


もしもあの時、

もしもあの頃、、、




過去を振り返っては

どうして、どうして私は

と、昔の自分を責めてしまう気持ち、

誰かのせいにしたくなる気持ち

痛いほどわかります。



いつまで遡ればいいのかわからないほど、

後悔のタネは尽きないですよね。





わたしの話になりますが、中学生の頃

極めて過度なダイエットをしたことや、

受験のプレッシャーが原因か

ホルモンバランスが大きく狂ったようで、

何ヶ月も生理(大量の出血)が止まらず、

ヘモグロビン数値は平均の3分の1まで下がり、

2、3歩あるいた程度で気を失うほどでした。




そんな状態にも関わらず、

両親は私の異変に気付くことはなく、

保健室にも体のダルさから

よく出入りしてましたが、

保健室の先生も含め周りの大人は

誰も気づくことがなく、

学校の階段が昇りきれずに

気を失ったのをきっかけに

ようやく病院へ。




しかし、婦人科ではなく、

内科へ。

保健室の先生には、"生理が止まらない…"

とずっと伝えていたのに。。。



ヘモグロビンを平均値まで戻すのに

半年以上かかりました。




相変わらず出血は続いており、

ようやく婦人科を受診するも、

生理(不正出血)を止めるのみ。




その後、

ぴたっと生理がこなくなりましたが、

生理がこないことがどれだけ恐ろしいことか

子供のわたしにはわからず、

生理がこないことが楽だと思い、

誰にも相談しなかったのです。

学校でも教えてくれないですしね。



親も、学校も、どんな大人も、

自分自身でさえも、

生理不順の怖さを知らない。

真剣に向き合っていない。

そんな状況でした。




これが不妊の直接の原因とは

言い切れないのですが、

自分の何が元でだとか、

誰が悪くてだとか、

もう過去のことは今さら悔やんでも

仕方がないのですよね。




不妊症だと言われた時、

正直、母を恨みました。憎みました。

同じ女性であり、頼りにしていた

保健室の先生を恨みました。




どうしてあの時、

娘の異変に気付いてくれなかったのか。


どうしてあの時、もっと早く

婦人科に連れて行ってくれなかったのか。


どうしてあの時、

もっと経過を気にしてくれなかったのか。




考えれば考えるほど、

悔しくて悔しくて。

そして当時1516歳とはいえ、

無知すぎる自分に情けなくなりました。



ですが、母を責めても、先生を責めても、

自分を責めても、何も解決しないですし

幸せな未来にも繋がらないのですよね。

憎んだり責めている間は、

幸せになんてなれないんです。



そしてそれには際限がなく

心がとても疲れる事。



なにより、過去は変わらない。

どんなに嘆いても憂いても

変えることなんてできないんですよね。




そう。考えても仕方のないこと

と割り切ることが必要なのです。





つい後ろを振り返って、『もしもあの時』と

後悔してしまうこともありますよね。


ですが、まずは、

いま健康で生きられていること、

大切な人と毎日過ごせていること、

日々溢れている小さな幸せを積み重ねて、

後悔の重さを上回ってしまえば良い。




未来って無限なんです。

今苦しくてもちゃんと前だけは

見つめていましょう。



今の自分ができることや、やりたい事を

まっとうしていくことのほうが

ずっとずっと明るい未来が

待っているんですから❁




本日もお読みいただき、
ありがとうございました❁
それでは、また♡



❁  menu  ❁
・子なしを選択したはいいけど、
この先どうなっていくのか不安で焦りを感じる。
・いつも周りと比較してしまい、
自分らしい幸せがなんなのかわからない。
・子なし選択をしきれずにいる。けれど、引っかかっているものの解消の仕方がわからない。
・引け目や負い目、劣等感を感じる。
・だれかに自分の気持ちをわかってほしい。
過去の私も感じたこの気持ち。
そんなあなたにやさしく寄り添い、
幸せな人生を歩むお手伝いをします❁
体験カウンセリングセッション
60分▶︎¥3000/90分¥5000
お申込みは♡こちら♡