ルアーショップriprapのブログ

琵琶湖沿いルアーショップriprapのブログです。
※申し訳ないですが,コメントやメールでお問い合わせ頂いても,
返信できないことがあります。お電話でお願いします(077-568-3737)。
定休日/月曜・第三木曜
営業時間/12~20時
店舗情報 http://www.riprap-bites.com


テーマ:
ブルギル釣り企画をしようと思っています。釣り大会の後に。(エサ&道具等は用意するつもりですが、具体的なことはまだ決めていません)
通常の大会はそのまま継続し、その後みんなで、ブルギルも釣ってもらおうと思います。
当釣り大会参加者の皆さんには、このこともご理解していただけると思っています。
いつもやっているゴミ拾いと一緒です。
「釣り人の義務」そのレベルでもあるように思ってきてます。
(バスはリリースもするのだから、ブルぐらいは協力しようよ。)
小さな店のローカルトーナメントといえども、志は大きくなくてはなりません。(トーナメンターとはそう言うもんでしょう。釣りが上手なだけでは琵琶湖のバス釣り未来は創れません。他エリアではどうなのかは知りませんが他エリアでも一緒でしょう。)

「権利を主張して義務を果たさず」という言葉がここ近年よく使われますが、たぶん私達も見方によれば、残念なことなのですがこれに当たってしまうのではないでしょうか。
結局、権利を主張するには義務を遂行していることが最低条件であり、社会的に当然なことなのでしょう。

実績って大事だと前から言っていましたが、いよいよ本気で実績を積んでいく時が来たのです。
始めなければ始まりません。
やりかけなければ、次の案も浮かびません。
手をこまねいていては、時がたつだけです。
今後のバス釣り事情がどうなっていくのかは、正直誰にも分かりませんが、「バス釣りは残そうよ」と言える環境作りは大切に思います。(残念ながら現時点ではその環境にはないのです。仮に言ったとしてもどれほど聞いてもらえるか疑問大でしょう。やはり義務を果たしていないと見られるから。)

世間様に「バス釣りは残そうよ」と言った時に、「何もせず、ただ、バスは残してよ」というのと「ブルはこんだけ頑張りましたよ、我々技能集団だからこれだけの成果になったのですよ、だからバス釣りは残してよ」というのとでは、受け止め方はぜんぜん違ってくると思います。
正直、違和感があっても歯切れが少々悪くても、嘆願ということからものごとを考えれば、その差は大きく出てくるようにも思います。
(義務を果たさない状態で、経済効果のみを主張してしまうことは、一番やってはいけないことであると思うし愚かなことであろうとも同時に思います。やはり、義務を果たしきった時点から経済効果を主張していくことが我々としては本筋であると思います。)

我々にできる、琵琶湖の環境に対しての社会貢献は、ブルギル有効利用ぐらいなものなのです。(清掃活動は別です、釣りゴミは無くて当たり前なのでこれは最低限の義務になるでしょう。)

社会貢献といっても、ルール上は義務に近いですし、普通にやらざるおえんと言う感じは必然的に出てきます。

実績を積むといっているものも、ブルギル有効利用の量や回数のことですし、これしか実際に無いのです。

汗も流さなければならないですし、嫌なことにも目を向け、自らの手で参加していかなければならないようにも思います。(実労働が必要)

それでも、どうなのかは実際分かりません。

ただ、環境問題を無視することは、今の日本では考えられないことの一つでしょう。
普通の人より多く税金を払っている、喫煙者ですら、こんな状態なんですから。
そう思うと、なおさら、我々環境負荷の大きい業界(ゴミ問題に関してはどんな理由も通じないのは明白)は、よりいっそうの努力を求められるのではないでしょうか。

危機感の受け止め方は、個々で違いはあるのでしょうが、「誰かがやる」とか「なんとかなる」とかでは何ともならないことぐらいは、少しバス釣りをしている人なら正直分かることでしょう。今まで実際に何ともならなかったのですから。

今に始まったことではないですが、ワームを禁止にしようと言う声も上がってきてます。(慌てふためく必要は今更ないですが、実際に大影響なのは利益者ならば嫌でも感じることでしょう)
※個人的に見れば、ワームの売り上げが無くなる事は死活問題レベル。でも、それよりも、「使う」「使わない」、「売る」「売らない」等で、乱れ散ることの方が業界としては大きな問題。まともにやっているものがバカを見るということもヘタをすればありえるし、まとまりを無くした時点で、すべてにおいての交渉権を失いかねない。
※みんなで使わないと決めれるのであれば、それはそれで釣りが成立するし、ワームが無いだけで今と変わらない状態であろうとも推測できるが、実際のところ?乱れる可能性を大いに持っているとも推測できてしまう。

とりあえず、大きな理念やビジョンが必要で、「バス釣りを残す」(私だけじゃなく業界のビジョンと言っても過言ではないだろう)ということを柱的に掲げ、それに対して行動していくことが大事なのであろうとつくづくと思う。(大事の前の小事)

なので、皆さん、実績作りに協力してもらいますので、文句を言わずにどうか一つよろしくお願い致します。




もし対案等が出せるのであれば、他の策も出てくるんでしょうけどね。考えても、正直、出てこなかったし、対案が出せなければ意見ができないのが現実ですしね。
となると、どうしても、
●『ブルギル実績で嘆願』
もしくは、
●『結果、対峙や対立』
の二者択一の選択肢しかないのでしょう。
『結果、対峙や対立』を選択するのは直感的に自殺行為にも思われ、ただ単に寿命を縮めることにもなりかねないし、やはり延命措置であったとしても『ブルギル実績で嘆願』を選択するのが妥当なことなのであろうと思う。
今には無い特効薬的なものが後からできるかも知れないし、延命中に打開する体力がつくかも知れない。
(確率論でしか言えないが、正直これしか選択肢は現状無い)

正直、グレーゾーン(今まではこれ)ではいけなくなってきたのが今の現状なのであるし、どれかの道には進んでいかなければならないようにはなってきたのであろう。


まあ、難しいし、簡単な答えはないですけど、ご理解のほどよろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。