ルアーショップriprapのブログ

琵琶湖沿いルアーショップriprapのブログです。
※申し訳ないですが,コメントやメールでお問い合わせ頂いても,
返信できないことがあります。お電話でお願いします(077-568-3737)。
定休日/月曜・第三木曜
営業時間/12~20時
店舗情報 http://www.riprap-bites.com


テーマ:
この日は柳田さんと一年以上ぶりの久々釣行でした。10時より志那漁港を出発とりあえず下物のパッチ周りから釣りをすることにする。巻物がすごく気になっているのだが晴れ間が出てきているのでテキサスからスタートする。横目にやすおさん(柳田さん)を見てみると『この前、平村さん(プロガイド)に教えてもらった』とセンコーノーシンカーをパッチに落としている。コツコツコツとアタリが来たらしい。

そして釣り上げたのがこの48cmアタリは小さかったみたいだが魚はデカかった
船に乗り始めてからセンコーなどのノーシンカー系のワームはほとんど使うことがなかったのだがこれを見て『やはり効くな』と思ってしまった。今度から貪欲に使ってやろう
と思いつつも私はテキサスを続け、釣ったやすおさんも『これは俺の釣りじゃないんだよな』とつぶやき違う竿に持ち替えていた。と、ちょうどいい感じで曇りだし風まで出てきたこれはこの前から気になっていた巻物チャンスか

この気持ちがこの日最後まで続くのだが結果的にみれば人間の考えてることと魚が思っていることとの違いは大きく、人間が思っているほど単純ではないと言う事をしらしめられた結果となった。

とにかく下物を風に流されファットペッパー&マッドペッパーマグナムで巻く。しかしアタリなどはない。そして移動、貝塚周辺でも巻き倒すがアタリはない。貝塚から南へ流されディープホール周辺まできてしまった、仕方なしにテキサス(今日は1オンスに重さを上げた)に持ち替えると




エリアが良かったのか、釣れる釣れる大きくはないが30cmくらい~最大43cmまでのが5~6本たて続けに釣れた

このぐらいからなんとなくではあるが巻物じゃないような気がしてくる
このテキサスもこの後大したことはなく、また巻き始める。におの浜沖へ行き巻くのだがアタリはほとんどない。このぐらいからなんとなくスロー!?としっかり思いかける。しかし前回良かった浜大津へ行き、テキサス。しかしダメ。自衛隊と行きまたまた巻く、そしてまたまたダメ

ここまでダメならあきらめてもいいはずなのだが、この二人の頭の中は『これからが夕方に向かうしいいはずだぞ!』といい加減あきらめたらいいのにあきらめきれずに最後までしつこくやり続けるのである。

『やすおさんもどうも熟女に振り回されるタイプみたいだぞ』と今回の釣行で思ってしまうのである

といいつつも途中でテキサスやヘビキャロ、ノーシンカーにハネラバといろんなことを試す中途半端な二人であった
この中途半端さが良かったのか力の抜けようが良かったのか、やすおさんに神が降りてくる『店長、カネカ沖にハネラバしに行こう』とやすおさんが言う。『そうっすね、行きますか!』とカネカ沖に行きハネラバをしていると。
キターーーとやすおさん激ファイト
ゴリ巻きゴイ寄せでバスが水面から顔を出す
デカイぞ

『店長!あみ!!』とやすおさん、ちょっと興奮気味

顔だけみえたのだがロクマルかと思うほどのいいバス
私がネットでデカバスをすくい入れると
う~ん、少し短い
でもいいバスだった



54cm2800g
このサイズのバスはやっぱりデカイです見ているこっちもテンション大上がり変にテンションが上がったせいかまたよからぬ考えが。

ここからがまた悪夢の続きである、このままハネラバやテキサスを続けりゃいいものを二人揃って『トップしに行こう』だって

もう皆さんもおわかり、今日のこの二人に釣れるわけがない

こっちが思うようにしてデカバスが釣れたら本当に世話がいらないのである。考える必要もない。
デカバスにこっちが合わせてあげることがやっぱり普通なのである。
(偉そうに言っているが実は自分に言い聞かせているのである)

今回は言うことの聞かない二人の釣行物語でした。   完

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。