62.サマーセイボリー

 
プロバンス料理に欠かせないハーブ。魚料理にも使われ、豆との相性も良いので、「お豆のハーブ」と呼ばれています。豆をゆでる時に一緒に入れます。

 

 

基本情報
学名 Satureja hortensis
別名 ガーデンセイボリー
和名 キダチハッカ
科名 シソ科
植物分類 一年草
使用部位
原産地 地中海沿岸
主な成分 精油成分、タンニン
 
 
古くからスパイスとして使われてきたハーブです。プロバンスのミックスハーブ「エルブ・ド・プロバンス」によく使われます。催淫作用があるため、お坊さんや尼さんは栽培を禁止されていました。
 
料理に使われることが多く、香りはタイムに似ています。消化の良くない豆料理に、整腸作用のあるセイボリーを組み合わせたといわれています。
 
体内のガスを減らす作用があるほか、咳を鎮めたり、のどの痛みにも良いとされています。
 
 
お茶にしたとき
香り マジョラム、タイムっぽい香りが強い
マジョラム、タイムっぽい、角がない
黄茶

 

 
ハーブティーとして飲むよりは、料理に使われることが多いハーブです。特徴のある味なので、お茶では飲みにくい方もいらっしゃるかもしれません。
 
臭みのある肉と合わせて料理するなど、ハーブとしても風味が強い分類です。フランス人はセイボリーを入れすぎて味がよくわからなくなった料理を「イギリス人のmistake」と言います。
 
 
 

 

*花癒* ヒーリングサロン Ripple(リプル)

 

サロン情報はこちらから

 

サロンメニュー

痛みがやわらぎ、ココロが軽く前向きに。
自由な体とココロで楽しく未来を創造できる。

 

花氣WAVEヒーリング

 

 

アロマスプレー

商品紹介ラインナップはこちら


日常をあなただけの香りで癒す、

アロマスプレーというギフト。

 

花癒エンパワーメント調香

カウンセリング付き*花癒エンパワーメント調香

 

 

お問い合わせはこちらのフォームからお願いいたします