競技かるた公式戦(2020年1月) | 珠算1級 合格への道

珠算1級 合格への道

高1(りろ)&小6(ちっち)の姉妹の、競技かるた&そろばん記録(+家庭学習、英語、習字)

競技かるた公式戦、

2020年1月の新春大会@東京では、

(1つ前の記事にも書きましたが)

A級入賞者は8名とも大学生・社会人。

中学生・高校生は誰も入賞できず。

(127名によるトーナメントで4回勝てば入賞)

(小学生のA級選手はいません)

 

 

その1週間後、

滋賀県の近江神宮で公式戦があり、

A級入賞者8名は、

またまた全員が大学生or社会人。

(127名によるトーナメントで4回勝てば入賞)

(うちは不参加)

 

 

その1週間後の公式戦は、

東京東(あづま)会大会@東京。

A級入賞者8名は、

なんと、

またまた、

全員が大学生or社会人。

(157名によるトーナメントで5回勝てば入賞)

(りろは申し込みをしていましたが、体調不良で欠席)

 

 

その1週間後は、

横浜で公式戦。

A級入賞者8名は、

なんと、

またまた、

全員が大学生or社会人。

(146名によるトーナメントで5回勝てば入賞)

(りろは1回戦敗退vs大学生男子)

(ちっちもB級で1回戦敗退vs中学生女子)

 

つまり、、、

 

2020年に入ってからのA級の大会では、

入賞者はすべて大学生以上ってこと???

(高校3年生がものすごく強いのですが、受験でお休み中ってこともある)

(1/3大宰府大会入賞者は学年不明・・・)

 

 

と思ったら、

横浜大会と同日に大阪で開催されていた公式戦では、

A級入賞者8名のうち、

1名、高3女子が入賞♪♪♪

7名は大学生or社会人でした。

(82名によるトーナメントで4回勝てば入賞)

 

 

それにしても、

大学生の皆さん、

どうしてそんなに強いんだろう・・・

(A級同士でたくさん練習できるから?他にも何かあるのかな?)

 

 

社会人の選手なんて、

1か月ぶりとかいっても、

ものすごく強い人もいますよ・・・

 

 

このような状況の中、

A級で次に入賞する中学生・高校生は誰か???

というのも、非常に気になるところです。

 

 

ちなみに、中学生(2019年度)でA級入賞回数が一番多いのは、

山口県のT選手(中3男子)。

もちろん、中学生での五段も一番乗りでした。

なんでそんなに強いの?って感じで、

どんなに負けていても、必ずひっくり返して勝っちゃうんですよ!!!

(さすがに必ず、ではないけど、そんな様子を、2回見たことがあります)

 

 

2020年1月の公式戦、

もし彼がどこかに参加していたら、

きっと入賞されていたのでは?

なんて思いますが、高校受験のため、お休み?

名簿で見当たりませんでした。

 

 

次は、2月の公式戦結果を見ていきたいと思います。

 

 

↓ランキングに参加中です

人気ブログランキングへ