30歳で訪れた彼氏との婚約破談。
婚活会議さんに寄稿させて頂いた記事をご覧になってくださった方ならご存じかと思う。
さらっと書かせて頂いたが、二股相手の妊娠が発覚したのだ滝汗
もはやどっちが本命でどっちが浮気相手だったか分からんけどな!!笑
「俺っちと別れないでくれー!」って懇願する彼をよそに、現実的に復縁出来る状態ではなかったし、そもそも心のひんろい私ではあるが、さすがに復縁したいとも思わなかった。



残されたのは絶望感と、現実的な雑務処理。
転勤族で当時東京勤務だった彼の為、会社に関東への異動願いを出してしまっていたダウンダウン
上司に
「結婚がなくなりましたので、異動願いを取り下げて欲しい」
っていう時のあの情けなさよ。
「こんな素敵な女性を…」
って言って、言葉を詰まらせた上司を今も鮮明に覚えている。



そして、結婚式場のキャンセルね!!
日取り、会場、ドレス、全部、押さえていたさ笑い泣き笑い泣き笑い泣き
盛大な結婚式になる予定だった。
親戚、友達、会社の人、大好きな人、みーんな呼んで
「りおなちゃん、きれーーハート
「旦那さん、めっちゃ恰好いいね!!」
って言って欲しかった。
一生に一回、その日だけは主人公になってみたかった。



でも今は違う。
もう結婚式に憧れも夢もない。
呼ぶ人がいない、呼びたくない。
一番来て欲しかったおばあちゃんは、もう参列できる状態にない。
こないだ旅行に行った祖母とは違う方。
仲の良い友人はほとんど結婚していて、いまや「子供のお受験が」「習い事は」とか言ってるのに、今さら「結婚しましたー!」なんて言えない。
会社の人に至っては、絶対に結婚相談所で出会った人だなんてバレたくない。



もう別に私の為なんかに集まってもらわなくてもいい。
それにどうしても100%満足して結婚出来る気がしていないから、妥協を見透かされそうで怖いのだ…
大好きな彼氏と結婚した自分の妹のように、結婚式で思わず参列者が「幸せそう」「楽しそう」「いいな」って感じる夫婦像を、今の私に醸し出せる自信がないガーン


新婚旅行だって、たいして好きじゃない人となら別に行きたくないし…
新居だって、たいして好きじゃない人となら興味がない。
子供だって…


人を好きになるってこんなに難しかったっけ。
今の私には特段、「結婚したら一緒にこんな事がしたい」なんていう希望が無い。


そろそろ本格的に婚活疲れかなー!!
あは!笑
今頃、海外先で満喫しているのかなぁ、私ニヤニヤキラキラ
暗い記事でごめんなさいもやもや







楽天ROOM始めました♡