ドンドン増えていく当事者

テーマ:

先日「当事者の会」についての記事を書きましたが、もう少しだけ…


まず「女子会(当事者)」についてですが、隔月で行われています。

区の小さな会議室で定員8名のお部屋で、机を寄せ向かい合って話をします。

発起人の先輩お二方が仕切って下さり、新しく出席した方のお話を中心に伺います。


昨年の夏から出席させて頂いておりますが、私が初めて伺った時はもう1人初めての女性がいらっしゃいました。

それから殆ど出席していますが、毎回新しい方がいらしてます。先月もなんと、3名の方がいらっしゃいました。丁度先輩当事者の方が用事があるとの事で、入れ替わりで帰っていかれました。(椅子もキッチリ人数分しかない為)

8名中3名が新しい方って…ガーン


その方々のお話を伺うと、やはり私と同じ様な嫌がらせをされたり、虐待をでっちあげられたり、家を追い出されたりしています。

其々環境は違えど、殆どの女性の相手方はソックリです。話の途中から「えっ、これ私の話じゃないよね?」と思えるほどですキョロキョロ

連れ去り夫の言動は皆同じなんですね?

マニュアルでもあるのかも??


そして「当事者の会」については(こちらは毎月です)、先日2ヶ月ぶりに出席しましたが、始まってからもドンドン入室してくる方がおられ、次々と椅子が追加され気がつけば部屋が満員状態でしたびっくり

勿論その時によって差はありますが、私が出席させて頂いてから、あんなに大人数なのは初めてでした。

司会の方が毎回必ず「初めての方」と挙手をお願いしていますが、何人もの方が手を挙げておられました。

「こんなに初めての人がいるなんて」

と驚きましたポーン


こちらの方もテーマ別に分かれて話をする時は、初めての方が優先になります。私や何回か出席している人は時間切れとなり、その後の懇親会へ持ち越しとなりました。


女子会も定例会も、ドンドン新しい方が増えてきています。

それだけ「連れ去り勝ち」が周知のこととなっているからですね。


勉強の為に、有識者らしい調停委員や調査官こそが参加してみれば良いのに。

どれだけ我々連れ去られた側が悲惨な目にあっているのか、

その目で確かめてみるがいい!

と思いました。