お久しぶり。
こんばんにちは。
Matowaです( *・ω・)ノ


前回の
出産経過の続きから。

【2020/08/16~08/17入院2日目経過】
22:30
就寝。
0:30
起床&トイレ 血のかたまり確認。
4:30
二度寝。
6:30
起床&シャワー。
分娩室に入るとシャワー浴びられないので。
7:30
LDR(分娩室)に入室。
NST&内診(子宮口3cmまで開く)
7:45
食事&抗生物質投与。
8:00
点滴開始ソリューゲン追加。
緊張緩める点滴も追加。
13:00
風船(バルーン)が取れる(子宮口4㎝まで開く)
13:30
麻酔開始(背中から無痛分娩の麻酔)
14:00
破水を人工的にさせる(かなりの激痛!)
14:30
緊張をほぐす点滴でいつの間にか眠りにつく。
15:30
意識朦朧の中、食事&おやつ。
18:00
子宮を広げるためにぐりぐりされ続ける。
(6㎝→ 6.5㎝→8㎝と徐々に開く)
恐ろしいほどの苦痛の時間。
19:15
夫・時計くん立ち合い。
(引き続き子宮を開く施術をしていたが長く続き、最悪、帝王切開の可能性も出てくる)
19:30
子宮口が全開に近いくらいまで開く。
(9.5㎝くらい)
20:00
産道と骨盤周りが狭く
頭が出てこないので
助産師さんにお腹を押されながら
院長先生の吸引分娩になりました。

そして誕生!

後産、止血、縫合処置。

出血多量にはなりましたが
会隠部分の裂傷は少なく済み
最低限に抑えられたとのコトです。

21:00
検温38,9℃、血圧検査。
21:45
食事。
22:00
出血量確認。
23:00
初トイレと出血量確認。
23:30
就寝。
1:30
起きる。
寝る起きるの繰り返し。



……………………
とりあえず
出産まではここまで。

出産直後の自撮りw

とりあえず
自分が思っているより
身体が緊張してしまったコト。
それを取り除くのが大変だったみたい。
緊張してると産道も狭まる。
いかにリラックスするかが重要だった。

緊張をほぐす点滴も何回もしてもらったケド
効果が薄くて
「Matowaさん、お酒強い?強い人って利きづらいんだよねぇ」
って看護士さんに言われましたが
私は自分からお酒飲まないから、分からない!

風船抜けるのが第一関門、だとしても
辛かったよー。
これ抜けなきゃ先に進まないんだもの。

なんとかかんとか抜けて
やっと麻酔かけられたものの
破水しないから
先生に膜を切って貰って破水。
これが本当に辛かった!!

鉗子か分からないケド
器具入れられて切ろうとしてるんだケド
痛い痛い!

腰引けちゃって
こんな状態だと当日の出産出来ないな、と
先生も困っていた。

赤ちゃんもここまで頑張ってくれたのだから
絶対に今日産む!!って
腹括って
ここでやっと痛みと向き合う覚悟が出来ました。


そのあと
再び点滴で緊張をほぐして
その間に眠って
子宮の開きも進めつつ

目覚めてから
再開!


子宮口が6㎝まで開いて
先生の施術で
全開まで広げてもらう。
これもまたグリグリと一時間以上やられて
拷問かと、思いながらも
耐え抜いて全開まで近付いてきたら
夫の時計くんの立ち合い開始。

陣痛と子宮広げる施術との闘い
なんとか続けてきたものの
最悪、帝王切開の選択肢も出てきた。

絶対下から産みたい
その思いが届いたのか
ほぼ、全開まできた。

しかし関門は突破しても
何度も訪れる。

次は
産道がそもそも狭い、というコト。

お腹を全力で押されながら
下からは吸引分娩が始まり
陣痛とのタイミングで
みんなと力を合わせて

なんとか
誕生!!!

私は第一声
「泣いてる?ちゃんと泣いてる?」と確認しました。
すると
赤ちゃんから産声が。。。

はぁ、生きてる…。




そのあとの後産で
胎盤などを取り除きました。
思いの外
出血は多かったらしい。(出血多量)
しかし
傷自体は少なく済んだので縫合も最低限。

検温してみると38.9℃。
汗だくになりながら出産しました。

産まれたのが夜だったので
その日は赤ちゃんは病院が預かってくれました。
そのあとは
ベッドで数時間絶対安静でLDRにずっといました。


無痛分娩は
麻酔の入れるタイミングで
本当に楽になるか、そうじゃなくなるか
変わるなぁと思いました。

完全無痛、というやり方もあるようですし。

しかし
今回の出産、この病院でのやり方は
しっかり痛みを感じました(笑)

逆にそれが
良かったと、今になると思います。

こんなに大変なコトを
乗り越えられたんだ、って思うと
きっとこれから辛いコトに対面しても
乗り越えられる、って自信を持てるような気がするから。


今回は
とりあえず出産までのレポートをまとめました!