厚労省通知「病院、薬局に行かずに薬をもらうことが、臨時的に認められるようになりました。 | 万凜愛・miki(マリア・ミキ)&天使の凜・占いサロン「凜の翼」のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

万凜愛・miki(マリア・ミキ)&天使の凜・占いサロン「凜の翼」のブログ

[凜の翼]代表 万凜愛・miki
ドリーン・バーチュー公認ATP® AI™
JADP認定タロットリーディングマスター・・ホロスコープリーディングマスター・上級心理カウンセラー・カラーセラピスト
アニマルコミュニケーター・セラピスト
株式会社カルチャー講師

 

新型コロナウイルス感染症 の拡大が続く中で

 

2月28日付けの厚労省通知

 

新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その2)」

 

にて、病院、薬局に行かずに薬をもらうことが

 

臨時的に認められるようになりました。 

 

本来、医師法20条、歯科医師法20条にて

 

診察なしでの処方せん交付は禁止されています。

 

今回、この規制が緩和されました。

 

これまで毎回、薬をもらうためだけに

 

病院に通わなければならない、といったやり方が

 

一時的なものとはいえ、変わるということは

 

今後の医療のあり方を考える意味で

 

大きな進展だと思います。

 

 

パンデミックとなっている今の状態では

 

病院の待合室に

 

コロナに感染している患者さんがおられる可能性はあると思います。

 

軽い風邪などで受診したはずなのに

 

コロナに感染してしまうこともあるかもしれません。

 

コロナに対する治療法は見つかっておりませんので

 

対症療法しか出来ない状況です。

 

 このような状況で

 

高血圧、糖尿病、脂質異常症、喘息、心臓病などの人は

 

薬が足りなくなり服用出来ないと病状悪化し

 

重篤になってしまうこともあります。

 

 そこで、臨時的な規制緩和により

 

受診しなくても薬をもらえるようになりました。

 

病院病院病院病院病院病院病院病院病院病院病院病院

 

方法は以下の通りです。

 

 患者(コロナの疑い無しで継続的に薬をもらっている、比較的状態安定の人)

 

右矢印病院へ連絡 病院→薬局へ処方せんFAX 

 

右矢印病院へ連絡→病院→患者→薬局もOK 薬局→患者へ宅配便

 

または薬剤師が在宅訪問

 

 料金は後日(振込対応も出来る可能性もあります)

 

もっと詳しくはこちらからどうぞ

下矢印

厚生労働省通知

 

 

 

 

 

 

https://youtu.be/e3ETK3fACrU