射手座上弦の月~直感を得て己の人生の教祖となる | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

23日夜明け頃の4時32分、射手座上弦の月です。

 

この日の15時には太陽が天秤座入りし、

 

秋分となります。

 

秋分は向こう3ヶ月、冬至までの運勢を詠む事ができ、

 

上弦の月は次回の満月まで1週間の星詠みです。

 

連続して投稿していきますので、

 

お好きにご活用ください照れラブラブ

 

さて、上弦の月は新月に始めたことの軌道修正のタイミング。

 

今回はギリギリ最終度数で起こります。

 

射手座月のサビアンシンボルは「ローマ法王」。

 

懐かしのヨハネ・パウロ2世

 

培ってきたものをアピールし地位を得る。

 

人の上に立つカリスマ性。

 

目に見えないものの価値の維持者や継承者として生きる。

 

集合的な関心の頂点的な存在として、目立つ位置に立つ。

 

そんな意味があります。

 

4ハウスなので、自身の家、家族、心理的基盤において

 

ある種教祖的立場になり安心したい。

 

6ハウス魚座土星がセクスタイルなので

 

実直かつ勤勉に働くことで地道かつ着実に積み上げ

 

安定感があります。

 

ですがには

 

乙女座太陽魚座海王星が葛藤して

 

Tスクエアを形成しています。

 

乙女座太陽は1ハウス、サビアンシンボルは

 

急ぎの仕事に集中するために余計な事から耳をふさぐ」。

 

主観的な意識から客観的な意識にジャンプするために、

 

自分の殻を捨てる。

 

自分を超えるためには、何が必要かをはっきりと見据える。

 

そんな目的意識ですが、1ハウスにありますので、

 

無意識に殻を脱ぎ客観的意識で唯我独尊に生きる。

 

そこにあてにならない不安定な人間関係が差し込んで

 

トラブルに巻き込まれるなどの中で更に大きく理想を描く。

 

それが上弦の月の軌道修正のようです。

 

今回山羊座冥王星牡牛座天王星海王星との小三角は

 

5ハウス、7ハウス、9ハウスにわたり、

 

徹底した独自のクリエイティブセンス

 

古代や未来へ振れる思想

 

曖昧な人間関係天意直感に繋がるのですが、

 

それが先ほどのTスクエアを調停するような配置です。

 

己の人生の教祖は自身。

 

天意受け取って直感的に生きる事を

 

星は促しているように感じます。

 

乙女座水星はアセンダント近辺にあり、

 

外交的、知的に振舞う時期で、

 

9ハウスにある牡牛座木星が調和していますので

 

俯瞰的視点や理解力洞察力が働き

 

楽観的で前向きに過ごせます。

 

一方獅子座金星は12ハウスにあり、

 

2ハウスにある天秤座火星とセクスタイルですが、

 

牡牛座木星・天王星とはスクエアで葛藤しています。

 

趣味や楽しみ事が潜在化する時ですが

 

経済活動とは連動して喜びに繋がるものの、

 

対象が移り変わりやすくギャンブルなどは危険。

 

意識してみてくださいね。

 

さて、この後は続けて

 

秋分の星詠みを上げていきますね。

 

秋分の日当日は

 

私はおよそ30年ぶりに北海道にいます。

 

次の星詠みもどうぞお楽しみに爆  笑音譜音譜虹キラキラ