牡羊座下弦の月~固定概念を手放し自由になる | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

明日7月2日朝6時10分、牡羊座下弦の月です。

 

7月になりましたね。

 

いよいよオリンピックが近づいてきました。

 

それなのにPCR陽性者は増えて

 

社会では狂騒曲が鳴り響いています。

 

牡羊座月は9ハウス。

 

サビアンシンボルは

 

「国の支配者」

精神性や哲学、思想において

 

妥協せずに自分自身を貫く。

 

弱肉強食の

 

狩るか狩られるかの緊張感の中、

 

純粋な理想を強く押し出して安心したい。

 

かなり挑戦的になっています。

 

主に権力に対する衝動的な反応と言えそう。

 

月と葛藤する蟹座太陽は12ハウスにあります。

 

サビアンシンボルは

 

「しかめつらをするピエロ」

 

無条件に条件づけられた心を笑い飛ばし、

 

そこから自由になろうとする。

 

皆が盲信してしまっている事柄に憤りを感じ

 

それを茶化したりばかにしたりしがち。

 

でもそれは、自己の固定概念を捨て、

 

自由になろうとしている集団無意識の中の現象です。

 

この下弦の月は

 

派手に子どもっぽく自己の思想を展開するようでいて、

 

その心は固定概念の手放し、浄化、

 

リセットをするタイミングなのです。

 

依然として、

 

獅子座火星(1ハウス)、水瓶座土星(7ハウス)と

 

牡牛座天王星(10ハウス)を頂点とする

 

葛藤の不動宮Tスクエアができています。

 

自己を強く押し出して攻撃的になる部分

 

人から独自ルールを押し付けられ

 

更に社会において独自性を貫く反抗心が差し込みます。

 

ますます反逆心を煽られ興奮しやすい。

 

独自性ルールもまた、社会的な自由を妨げるもので

 

どこかギクシャクしている。

 

この葛藤のスパイラルを調停するのが

 

牡羊座月の思想的貫き。

 

精神的向上への意欲です。

 

結果的には集団無意識の中で

 

独自ルールを普遍化する訓練という、

 

隠れた命題のある

 

牡羊座上弦の月ということになります。

 

自己を表す1ハウスには獅子座金星もあって、

 

獅子座火星と共に牡羊座月と調和しています。

 

攻撃的であると同時に、

 

どこか憎めない、

 

愛されキャラも同時に持つこの時期、

 

対人関係に恵まれ、

 

明るく節度ある態度が人から評価を受ける時でもあるので、

 

少なくとも個人生活では意識していくと良いでしょう。

 

その中で

 

運命的なご縁が結ばれるようなこともあるかもしれません。

 

双子座水星は11ハウスにあり、

 

9ハウスにある魚座海王星と葛藤しています。

 

自己の未来を新たに構築するのに知性を使ったり、

 

コミュニケーションを気軽にする時ですが、

 

果てしなく拡大してしまう創造力や、

 

神秘的な直感が差し込んで

 

あらぬ方向に興味がいったり

 

幻想から抜けられない部分も。

 

ただし、この幻想はただの幻想ではなく、

 

極端な相手への依存心、

 

押しの強い強引な相手から得たインスピレーションが

 

投影されています。

 

ここで知性をブラッシュアップさせる作用がありそうです。

 

魚座で逆行を開始した木星はノーアスペクトで8ハウス。

 

人の感情に従順である部分が

 

限度を超えて増大する性質を表していて、

 

多数派の感情が無尽蔵に広がるような時。

 

そこに違和感を感じるかどうかは

 

人によると思います。

 

何を信じるか、何を推すか、

 

何が正しいのかどうあるべきなのかが

 

あまりにも多種多様で意見を合わせるのが難しい時、

 

人はとかく安きに流れたり

 

報道を鵜呑みにする方向へいきがちです。

 

この下弦の月で

 

固定概念を捨てることを意識してみてくださいね。

 

次回、蟹座の新月では、

 

夢や希望、グループや組織の中で

 

男性性と女性性をうまく合わせる、

 

積極性と受容性をうまく合体させる、

 

そんな事を始めるようです。

 

オリンピックの開始も絡んで来る時ですね。

 

次の星詠みもどうぞお楽しみに音譜音譜アップアップウインク