魚座下弦の月~身内の中での新たな自立的スタンス | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

明日6月2日夕方の16時24分、魚座下弦の月です。

 

6月に入りましたね。

 

冥王星土星に次いで水星も逆行を開始。

 

個人の生活において逆行の影響は出ていますでしょうか?

 

今回のホロスコープでは

 

天体が左半分に集中しています。

 

対人的にテーマがある。

 

感受性強く他者と交わるような1週間。

 

魚座月は4ハウス。

 

サビアンシンボルは

 

「新参者たちの試験」

不安定な自由と不自由な安定の間で迷う。

 

集団や組織に入る時、個人的事情を詮索され、

 

逃げ出す人も。

 

ただ勇気を奮ってすべてをさらけ出すと

 

新たな場に入った爽快感と充実感を得られる。

 

そんな意味があります。

 

4ハウスなので自分の家、家族、

 

心理的基盤での事。

 

自分のホームであるはずの基盤にて、

 

不安定、不自由さを感じている。

 

あなたの本音は何ですかと、

 

ぐりぐりと責められ逃げ出したくなる一方、

 

さらけ出した時の爽快感、

 

そうして基盤が新たになる。

 

そんなことを示唆している魚座月です。

 

一方葛藤する双子座太陽は8ハウス。

 

サビアンシンボルは

 

「生意気に自己主張する少女トプシー」

 

(トプシーとはアンクルトムに出てくる黒人の少女)

 

集団に迎合せず自己主張する。

 

心の中の古い習慣との戦い。

 

孤軍奮闘するシンボルです。

 

8ハウスなので、

 

自分の親しいパートナーシップにおいて。

 

古くからの先祖、血族的なところへの反発として

 

今自分はこういうスタンスなんだと主張するというのは、

 

ある意味その繋がりへの依存も表しています。

 

結局この2つの葛藤という事は

 

身内の中での反抗と

 

新しい基盤の中でのスタンスへの移行の葛藤の中で、

 

軌道修正したり、

 

いらない古い習慣や慣習を手放す。

 

または関係性の浄化など。

 

そんな魚座の下弦の月と言えるでしょう。

 

魚座月にはディセンダントに重なる牡牛座天王星

 

生産的配置を取っています。

 

非常に自立した人や、

 

人に迎合しない人からインスパイアを受け、

 

そうして適度に独立性、自立性を確保できます。

 

また双子座太陽には水瓶座土星が調和しています。

 

環境からの圧力、地道な学習の継続が調和し、

 

古い体質の組織に参加すると

 

信頼感を勝ち得て成功しやすい。

 

安定したリーダーシップ、決定を下せる。

 

そういった意味になりますので、

 

古い慣習をただ無差別に捨てるのではなく、

 

良き習慣、オリジナルルールを活かせるものは

 

ちゃんと残す。

 

その選別が大事かと思います。

 

実際双子座水星・金星の合も8ハウスにあって、

 

社会状況や事物への知的探求と

 

人との深い結びつきへの喜びが調和的に働き

 

コミュニケーションしたり文章を書いたりするのが

 

楽しいでしょう。

 

双子座水星には3ハウス山羊座冥王星が150度。

 

興味津々モードで知的探求を徹底的に押し進めるところで

 

極端に訓練モードになります。

 

また魚座木星4ハウスは双子座金星と調和して、

 

家族や親からの共感や保護が得られます。

 

この時期家族に甘えられる時とも言えるかもしれません。

 

そうしていよいよ、

 

山羊座冥王星蟹座火星とがオポジションを取り始めました。

 

巨大活力のペアで、とことん取り組む事を強いられます。

 

蟹座火星は9ハウスにあるので、

 

思想や哲学、高い理想や信念への思い入れ

 

徹底さ、またへこたれても回復する力を与え、

 

とにかくパワフルです。

 

それを調停するのが5ハウスの魚座海王星で、

 

非現実的な夢や幻想的ロマン、

 

恋愛などによる忘我状態が調停し、

 

思い付きが行動にスムーズに反映して

 

それが天意であるという配置。

 

ひたすら信念や精神性を追求するだけでなく、

 

合間に夢やロマンといった不確定要素を挟む事が、

 

より行動を天意に近づける。

 

意識してみてくださいね。

 

次の双子座新月は、金環日蝕です。

 

こちらも半年影響が続く転機のタイミング。

 

次の星詠みもどうぞお楽しみに♪