天秤座下弦の月~いかに自由に生きられるかの徹底的考察 | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

本日6日18時37分、天秤座下弦の月です。

 

お正月も早1週間過ぎ通常稼働の毎日と思いきや、

 

再び緊急事態宣言が発令されるという瀬戸際。

 

天秤座月は他者に対する関心が強く、

 

3ハウスなので好奇心旺盛に動き回り、

 

コミュニケーション、情報交換する。

 

バランスを取ろうとする心情。

 

ただ、今回の月は天秤座17度

 

向かい側の牡羊座のエネルギーが差し込んできます。

 

サビアンシンボルは

 

「引退した船長」。

自身の立脚点を失った船長は

 

一歩引いて問題の原因を分析する。

 

牡羊座の暴走する意志の干渉に悩まされ

 

調和的解決法を考えるべく

 

過去を分析し、反芻し、果てしなく考え続ける。

 

数々経験を積んだ船長は

 

知識は豊富ですが実際の解決法については

 

詳しくわからないのです。

 

情報を得ながらも考え続けることが

 

安心に繋がる時なのです。

 

そこに葛藤する山羊座太陽も17度。

 

向かい側の蟹座エネルギーが差し込んできます。

 

サビアンシンボルは

 

「密かに裸で入浴する少女」。

 

社会的な意識(山羊座)である洋服を脱ぎ捨て、

 

心身の抑圧を取り払って

 

自分の心に忠実になる。

 

物事を判断する際に体で確かめる姿勢。

 

頭の中に巣くう制限やルール意識をかなぐり捨て、

 

自然体でのびのびと、

 

自由に生きたい、解放されたいという欲求が

 

強烈になる時。

 

6ハウスなので、仕事や労働、

 

健康管理において

 

慎重で、冒険できない感じではあります。

 

下弦の月は手放し、浄化の時なので、

 

自分にとって必要のないルール、制約を手放し、

 

いかに自由に生きられるか考え続けるのが、

 

今回の下弦の月ということになるでしょう。

 

折しも緊急事態宣言という

 

現代の日本においては異例の制約を

 

自分は受け入れるのか。

 

ある程度の自己責任に任される中、

 

自身の中でどこまで許すのか。

 

何を手放すのか、でしょうね。

 

山羊座太陽には8ハウスにある

 

魚座海王星が生産的角度を取っていますので、

 

経済的苦境に遭いながらも

 

先見の明のある情報が

 

間接的に入ってくる。

 

より広がりのあるイメージを大切に、

 

解放を意識すると良いですね。

 

下弦の月のホロスコープでは

 

6ハウスに天体の半数が集中しています。

 

山羊座水星も6ハウスで、冥王星と重なっています。

 

仕事や健康管理において

 

具体的で実際的な知性を活発に発揮する。

 

しかも体力気力の限界まで徹底的に。

 

限界を超える追求力と調査力で

 

とことん追求する。

 

徹底的に考えるというのは

 

月のサビアンシンボルとも共通します。

 

コミュニケーションの中でとことん考える。

 

知性を通じて力を得たい。

 

人を改宗させたいとか、

 

そんな影響力も熱望する。

 

6ハウスには更に先日グレートコンジャンクションを果たした

 

水瓶座木星・土星が依然重なってあります。

 

独自のルールに忠実にして発展する。

 

6ハウスですから

 

仕事や健康管理での独自ルール。

 

そこでの発展が約束されているのです。

 

水瓶座山羊座の計4天体に

 

社会的頂点を表すMCに重なる

 

牡羊座終盤の暴れん坊火星

 

反逆王子牡牛座天王星(笑)。

 

実力勝負でのし上がる。

 

リスキーな事でもチャレンジ。

 

更に、オリジナルな職歴、

 

企業、集団から離反し独自のキャリア形成、

 

衝動的な出来事、

 

古い権威への敵対などの意味となって、

 

それらが6ハウスの星々と葛藤しています。

 

火星は4天体とも葛藤しているので、

 

ついつい独自ルールや発展に熱中、

 

出たり引っ込んだりの不安定さ、

 

更には偏った攻撃性が出てしまう可能性。

 

社会はきな臭い。

 

アメリカ大統領選挙がどうなるかの瀬戸際ですし、

 

緊急事態宣言の攻防もあって

 

余計に私たちのルール意識は揺さぶられます。

 

さらに天王星木星・土星の葛藤は

 

ルールへの反逆精神と社会容認がギクシャクし

 

どう行動したらよいかというところで真剣に葛藤します。

 

風の時代に向けての葛藤はしばらく続く2021年。

 

でもこの葛藤を通らなくては、

 

本当の風の時代は私たちの生活まで到来しません。

 

大いに考え、分析し、洞察する。

 

その中でいらない慣習や常識は手放す。

 

そんな天秤座下弦の月でしょう。

 

あくまでも美意識を大切に。

 

幸い、射手座金星が5ハウスにあり、

 

先ほどの牡羊座終盤の火星が調和しているので

 

趣味や社交、遊びは楽しそうです。

 

火星は明日には半年に及ぶ長い牡羊座滞在を終え、

 

牡牛座に移行します。

 

社会の様相が変わるのを、

 

皆さんも体感されてみてください。

 

粘り強さ、欲張りさ耐久力が上がり、

 

また五感やアートセンスにも熱中します。

 

私は太陽牡牛座でMCも牡牛座なので、

 

この時期どんなに社会的地位や権威が変わるのか、

 

しかも天王星が現在蠍座月とオポジションなところに

 

火星が重なってどうなってしまうのか、

 

M的にワクワクしています(爆)

 

また報告していきますね!

 

次はいよいよ山羊座の季節終盤の山羊座新月。

 

次の星詠みもどうぞお楽しみに!