蠍座上弦の月~方向転換で個の道へ | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

本日27日夜21時32分、蠍座上弦の月です。

 

今回のホロスコープには葛藤のTスクエアという三角形が2つ。

 

まず、今回の上弦の月と太陽と天王星が見事に葛藤しています。

 

蠍座月は7ハウス、サビアンシンボルは

 

「大きな岩場の海岸」

個人の情熱では乗り越えられない壁にぶつかり

 

挫折感を味わう。

 

岩は自由意志の及ばない深い部分。

 

7ハウスなので、

 

人間の集団的に培われてきた観念などを表すでしょう。

 

いかんとも動かせない人々の持つ観念的部分に

 

独自性を持って反発する。

 

依存を断ち切る方向に仕切り直す。

 

諦める時ではありません

 

長期的展望に立ち、じっくり腰を据えて

 

戦略を立て直す。

 

正に上弦の月にぴったりのサビアンシンボルですね。

 

獅子座太陽のサビアンシンボルも

 

「絶壁の端にある岩の塊」。

 

やっぱり岩です。

 

個人の創造力、精神の火で持ってもびくともしない岩に

 

自身のプライドも傷つき、挫折する。

 

太陽は5ハウスですから

 

遊び、楽しみ、レジャー、アートなどでの挫折。

 

夏のフェスやレジャー、花火、祭りなどなど

 

今楽しむ事がだいぶそがれていますね。

 

こんな夏が来ることをだれが想像したでしょうか?

 

実際、だれもが自粛=挫折しているかと思います。

 

ただ、これも決してネガティブな現象ではありません。

 

私たちの燃え上がった内面の火の暴走を反省し、

 

改めて方向転換する時だという事なんです。

 

天王星が距離を取ったり手放したりすることを促し

 

より良き方向へ導いてくれる。

 

それは集団より個人への道

 

もう一つのTスクエアは不穏です。

 

蟹座水星牡羊座火星、そして

 

10ハウスにある山羊座木星の葛藤。

 

4ハウスにある蟹座水星は

 

常識的、平凡で温和なコミュニケーションを指しますが、

 

そこに1ハウス火星が差し込んで

 

せっかちさ、早合点、不穏発言、

 

思わず口を滑らす現象をもたらします。

 

更にそれを増幅させる木星は10ハウスで

 

社会への肯定感、大きなものへの迎合を過剰化し、

 

行き当たりばったりの乗りで、

 

うっかり困ったことをしでかすことに繋がり、

 

家で思わぬ争いや口論に繋がりかねない配置です。

 

何か夢中になれるもの、体を動かすことで

 

カッカしがちなエネルギーを逃すことも大事。

 

魚座海王星がこのTスクエアを調停してくれいます。

 

12ハウスにあって魚座の海王星は最強

 

夢の多い表現を心がけたり、

 

社会に対してよいイメージを持つことに、

 

鋭い直感が降りてくる。

 

意識的に扱うのは難しいですが、

 

瞑想やお祈りには良い時でしょう。

 

水星には牡牛座天王星も60度なので、

 

俯瞰的視点、冴えた観察力や注意力で

 

冷静な自己を取り戻し、

 

無駄な労力や衝突を避けることができるでしょう。

 

双子座金星は3ハウスにあって軽やか。

 

趣味や人との交流を楽しめたり、

 

移動、旅行には良い時ですが、

 

先ほどの魚座海王星が葛藤していると

 

到底手に入らないようなイメージを追い求めがち。

 

山羊座冥王星・木星の合がインコンジャンクト(150度)で

 

金星を訓練する配置にあります。

 

今の社会的状況を肯定的に取り込みつつも

 

着実な未来像に向けて

 

無理をしてでも努力する。

 

社会改革に徹底的に取り組む中での楽しみを訓練。

 

新しい楽しみ方を是非エンジョイしてほしいと思います。

 

1週間後の水瓶座満月もまだまだハードな配置が。。

 

私たちは鍛えられていますね。

 

星詠みメッセージでハードな時期を乗り切りましょう。

 

次の星詠みもお楽しみに音譜音譜