蠍座下弦の月〜イメージ広げて社会的行動を | 天星水月のCosmical Voice
新型コロナウイルスに関する情報について

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

明後日2月16日朝7時16分

蠍座下弦の月です。

ちょっと早めですが、

星詠みをお届けします。

先週の獅子座満月から、

かなりバタバタと世の中が動いています。

蠍座月のサビアンシンボルは

「行進している軍楽隊」

人が良いと思う事を人に薦める。

感情的な一体感の押し付け。

依存性の高い蠍座がその終盤で

依存していた対象から自立する為あがいている。

でも行ったり来たりしていて、

今は周囲の納得が欲しい。

しかも広く、全世界的に。

これこそ依存の証。

わかってもらいたくても所詮無理。

きっと上手くいかないでしょう。

でも良いのです。

蠍座月には山羊座土星・冥王星の合

生産的60度のアスペクトをとっています。

天はこの儚い試みを見守ってくれている。

目上の友人や仲間からの助言、

忠告もあるでしょうし、

未来に向けて

壁を突破することへのプロセスとして

今は耐える力も与えられます。

月と葛藤する水瓶座太陽のサビアンシンボルは

「スミレで満たされた古代の陶器」

美しいですね。

しかし太陽は12ハウスで、

意識に上がってきません。

表側では手をこまねいている状態。

でも潜在意識下では

自分の生の感情・想いを

いかに普遍的な表現に置き換えられるか

模索しています。

表向きには

独自の経済活動を営む事

積極的社会行動になり、

その行動が潜在意識下に

熱き影響をもたらす配置です。

また、魚座水星・海王星は

アセンダントを挟んで合

いよいよ魚座の季節の到来を前にして、

無意識に魚座的自分になるというような。

ぼんやり夢見がちな時で、思考も漠然とします。

イメージングには最適です。

17日から今年初めての水星逆行も始まって

色々な事が滞る感じもするかも。

今まで全天体順行だったので、

余計に影響を感じるかもしれません。

いつものように

忘れ物、行き違い、すれ違い、

交通遅延、トラブル、

電子機器の故障など、

気をつけてくださいね。

今回はボーッとしてしまい、

更にやっちまう確率が高いので

御用心。

グループやお友達の間で

イメージを広げ、活かすのには良いかもしれません。

そのようにして水星が魚座を逆行の最中の

24日にいよいよ魚座新月を迎えます。

新月は逆行中の水星と緩く重なり

山羊座に入った火星

牡牛座天王星と小三角。

アクティブな時が戻ります。

次回の星詠みもどうぞお楽しみに🌟