牡牛座上弦の月~時流を詠みつつ乗り切ろう | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

明日2日10時41分、牡牛座上弦の月です。

 

もう2月です。早いですね~

 

今回の上弦の月の大きな特徴として、

 

社会的頂点を表すMCに

 

山羊座土星・冥王星が重なっています。

 

破壊と再生、ブレイクスルー。

 

それが上弦の月の社会的ミッション。

 

そこに向けて魚座金星が生産的に働きます。

 

12ハウスなので潜在意識の中での美意識ですが、

 

その一つが博愛。

 

集合意識においての博愛の心が芽生える。

 

そこには射手座火星が葛藤しています。

 

他人の感情に深入りする情熱の葛藤ですが、

 

魚座海王星が鈍らせるのでそれほどでもない。

 

この博愛の精神は、一つのきっかけになるのかなと。

 

全世界が今現在、新コロナウィルスという共通の脅威に

 

戦々恐々としています。

 

各国それぞれが独自の対応をしていますが、

 

ある種の連携をとろうという部分も。

 

人々を救う。

 

それは紛れもない博愛の精神ですね。

 

そんな今、上弦の月のサビアンシンボルは

 

「荷物を運ぶ男」

荷物ではないけど、なんだか象徴的。

 

より深く社会に関わろうとする。

 

一つの歯車として社会に組み込まれがんじがらめ。

 

この経済社会において生き延びる事を考えたら

 

あれこれと工夫をしなくてはいけないと

 

そこに頑張って挑戦する。

 

しかし楽ではない。疲れる。

 

そういう意味のサビアンシンボルです。

 

1ハウスにありますので、「私」の想い。

 

無意識に私たちは、

 

物質中心の経済優位の社会に疲れている。

 

そこに葛藤する水瓶座太陽のサビアンシンボルは

 

「バロメーター(水圧計)」。

 

世の中の変化に敏感になる。

 

世の中の盛衰を予測する力、

 

時流を詠む推理力を発揮する。

 

冷静な観察力を発揮します。

 

何が嘘で、何が本当か。

 

自分は何を選択するか。

 

そのソースとなる部分ですね。

 

ここが葛藤すれば当然、

 

推理予測をもとに

 

疲れない、より良き社会を目指そうとします。

 

今ちょうど起きている出来事は、

 

そういう気持ちを起こさせる。

 

そこで私たちは自分のあり方の修正をかけていく。

 

そういう時です。

 

牡牛座月山羊座木星魚座海王星

 

生産的にエネルギーが循環する小三角を形成。

 

自分を俯瞰して今の状況を把握しようとする中、

 

あくまでも明るいムードで、

 

希望を失わないようにとエネルギーは回る。

 

そこに未来のユートピア像、ビジョンが降りてくる。

 

宇宙は私たちにそういうエネルギーで

 

エールを送ってくれている気がします。

 

水瓶座終盤にある水星は11ハウス。

 

未来に向けての知識を得るため

 

勉強会に出たり知識情報をシェアし合ったりして、

 

先進の情報を得ようと敏感になります。

 

牡牛座天王星がそこに生産的角度(60度)で、

 

社会の裏にまで精通しようと観察力・注意力を発揮、

 

友人知人からの助けも得られるでしょう。

 

こういう時を経て、

 

獅子座満月に向かいます。

 

1週間はあっという間ですね。

 

こうやって今年もあっという間かもしれません。

 

今起きている出来事は必ずあなたを成長させてくれる。

 

そう信じて対処していってくださいね。

 

今のあなたのチョイスが正解。

 

違ったと思ったら即軌道修正。

 

全天体順行の今なら、スムース。

 

あなたの成長は社会の進化。

 

そこも信じていきましょう。

 

次の星詠みもお楽しみに!