天秤座下弦の月~自由な視点が入ってくる | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

本日17日夜21時58分、

 

天秤座にて下弦の月です。

 

今夜から明日にかけて、

 

雨やみぞれ、雪になるという予報ですね。

 

今週末はセンター試験という事で、

 

受験生の方は気をもんでいらっしゃる事でしょう。

 

月のサビアンシンボルは「頭上を飛んでいる飛行機」

物事を俯瞰して見る。

 

人間的な問題を高い視点から見つめる。

 

自分の人生も客観視する。

 

視野が空のように晴れ渡る。

 

2ハウスにあるので、

 

経済活動や仕事においての不安感から来ている感があります。

 

そこに8ハウス牡牛座天王星がオポジション、

 

さらに両者に葛藤するは

 

山羊座太陽水瓶座に移ったばかりの水星の合。

 

葛藤のTスクエアが出来ています。

 

自由で自立したいエネルギーがダイレクトに入ってきます。

 

そこに

 

4ハウスにある太陽と水星の合が葛藤するという事は、

 

心の基盤や自分の居場所、家庭や家族を守りたい。

 

保守的な気持ちと葛藤するのですが、

 

保守的な太陽には冥王星と土星の合がコンジャンクション。

 

すでにもっと大きな変容が

 

心の基盤や家庭に訪れているということです。

 

山羊座終盤にある太陽のサビアンシンボルは

 

「山の巡礼」。

 

最終目標へ向けて苦しさを乗り越える。

 

精神的な上昇意欲が極めて高い。

 

先人の努力を尊重し、

 

伝統的に確立された精神的な達成の道を信じる。

 

そのような苦しさを努力と集中力で乗り越え、

 

精神的名誉地位などを得る。

 

狭い社会から離れて、

 

自由な視点での仕事に取り組む。

 

すでに水瓶座の気運を帯びてきているのです。

 

社会的に一歩進んだ知識や視点が

 

持ち込まれて変容をさらに進ませる。

 

そうして葛藤しながら

 

水瓶座時代への準備をするというところでしょうか。

 

天秤座月には

 

土星・冥王星の合とも葛藤の配置にあるので、

 

この期は重苦しい空気を感じる人も多いかと思います。

 

時にはイラつき合理化を図って手放しをしたり、

 

罪悪感に囚われて

 

とにかく人の為に役立つ人になろうと行動する人もいれば、

 

活力が抜けて無気力になる人もいるかもしれません。

 

平凡な考えに悪意さえ抱き、

 

変革的な考えに囚われ

 

突飛な行動に出てしまったり。

 

そうやって浄化、手放し、軌道修正するのが

 

下弦の月なのです。

 

魚座に入った金星

 

感性を鋭く繊細にさせ、

 

アート活動や奉仕的な活動には

 

きめ細かい作用をします。

 

射手座火星は3ハウスにあって

 

コミュニケーションや社交には熱くなりやすく、

 

興味や好奇心が先走ったり

 

自分の意見を押し付けるような勢い

 

感性と葛藤し傷つきやすくなるかもしれなせんが、

 

山羊座木星牡牛座天王星がそれぞれセクスタイルなので、

 

趣味や愛情に金銭的援助があったり、

 

新しいセンスを取り入れたり

 

親しみやすさを発揮出来たり

 

良い面も多くあります。

 

何かアート活動や楽しみ、趣味に費やすと

 

この時期は過ごしやすいかもしれませんね。

 

そうして来週25日には

 

水瓶座に太陽が移って

 

水瓶座新月となります。

 

山羊座の時代から少しずつ、

 

水瓶座の要素が流れ込んでくると言っても良いでしょう。

 

私も先週末大きなコンサートを終え、

 

燃え尽き症候群のように気分が落ち着いてしまいました。

 

この1週間はゆっくり過ごして、

 

水瓶座新月の頃にまた新たな目標が見えてくるのかなと

 

期待しているところです。

 

次の星詠みも、どうぞお楽しみにアップアップ