蠍座満月~何を手放すのか一人で考える | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ

明朝19日6時11分、蠍座にて満月です。

 

今夜はだいぶ雲が出てしまっていますが、

 

昨夜は綺麗な月が見えました。

 

明日は日曜日でウエサク祭が

 

特定の場所で行われるそうです。

 

満月のホロスコープを見ると、

 

頂点に魚座海王星が鎮座し、

 

それを頂点として、牡牛座水星

 

山羊座冥王星・土星で小三角が出来ています。

 

冥王星はさらに

 

月と太陽のオポジションを調停する形です。

 

冥王星と海王星のトランスサタニアンが

 

12ハウスにある牡牛座水星・太陽にエネルギーを送る。

 

6ハウスにある蠍座月にもエネルギーを送る。

 

すなわち直感や霊感的なものが

 

個人生活の中で降ってくるということです。

 

それをどう活用するか。

 

それは月と太陽のサビアンシンボルを見るとわかります。

 

満月のサビアンシンボルは

 

「自分の領土に近づく妖精たちの王」

(これは妖精の城だそうです)

 

太陽が牡牛座にある時は、

 

地に足をつけて

 

豊かさを享受する時期。

 

私たちは安定し、満足する。

 

そうして私たちは

 

モノやお金に依存しない

 

心の安定をや確信の強さを得ることの方に

 

シフトしていくということです。

 

特に仕事や健康管理の中で

 

依存していたものから自立する。

 

その想いが

 

12ハウスにある太陽や水星に反映されます。

 

太陽のサビアンシンボルは

 

「成熟したロマンスに胸躍らせる女」

 

慣れ親しんだことに飽きて

 

新しい事に心が動く。

 

生活を力強くリフレッシュしたい。

 

自分の能力を使って世に出たい。

 

安定からの脱皮。

 

ただし、12ハウスなので直接行動には結びつかず、

 

ただ考える。

 

一人で考える時間を持ちましょう。

 

変化を起こすために、何から自立するのか。

 

何を手放すのか。

 

満月はまさにそういう時でもあります。

 

浄化、手放し、癒し。

 

一人で考えるところに

 

集中力、探求心、理解力、予測能力

 

そういったものが発揮されるでしょう。

 

牡牛座には、太陽・水星のコンジャンクションの他に

 

天王星と金星もぴったりコンジャンクションしています。

 

11ハウスなので、

 

理想実現のため自由に理念や感性を追求したいと望みます。

 

周りの人たちも同じ気持ちなのですが、

 

今の時点では気持ちの共有はなく、

 

自分の中で情熱を持てるものを追求することになるでしょう。

 

一人でじっくり考えて下さいね。

 

私もじっくり考えたいと思います。

 

モノより心の安定。

 

さらに精神的価値観へ。

 

昇華していきます。

 

(たった今、私生活において衝撃が走りました。

 

天王星は私の月を揺さぶり、

 

変化させていきます。

 

まだ始まったばかりなのですが

 

早速夫婦間家族間を揺さぶり、

 

今の在り方を変えろと示唆します。

 

手放しの時期、何を手放すのか。

 

私にも強く問いかけてくる満月。

 

私も一人でじっくり考えます。)