射手座下弦の月~天王星牡牛座時代への調整 | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ


テーマ:

本日26日20時26分、射手座で下弦の月でした。

 

この1週間は天王星牡羊座時代の最後の1週間です。

 

一言で言うと、天にお預けする1週間

 

なぜなら、射手座月のサビアンシンボルが

 

「内部で形成されている岩やその他のもの」

 

異物的なものを受け入れて自分を変えていく。

 

無意識下での自分ではわからない変化を起こす。

 

新しい力が育まれ人生への姿勢が変わる。

 

といった意味あいの時。

 

自分の変化を理解できない時。

 

一方太陽のサビアンシンボルは極めて派手。

 

「ラッパを吹く少女」

 

改革に向け周囲の人々を先導する。

 

ジャンヌダルクの姿がまさにその通りがごとく、

 

先導者として行動し、運動を起こすんですね。

 

でも自分の中では変化の理由はわからないのです。

 

でも煽らずにはいられない。

 

牡牛座火星も加勢(笑)してますから。

 

特に美意識や専門分野で燃える感じですね。

 

で、今海王星が魚座にあって

 

6ハウス手前にあります。

 

そこに太陽が近づきつつあります。

 

(次の魚座新月では、海王星と重なります)

 

芸能的活動に適していて、かつ

 

こういった経験からやがて

 

海王星に助けられた太陽は

 

私たちに大きな夢、理想のビジョンを

 

持たせるようになっていきます。

 

私たちの意志というよりは

 

それはもう天意なるものが

 

直感で私達にもたらされる。

 

そんな感覚に近いのかなと思います。

 

今はあまり知性を優位に発揮させる時ではない。

 

それよりも楽しい集まりに無邪気に参加したり、

 

遊びや娯楽、芸能のシーンで

 

人々を煽り興奮を高めて盛り上げたり、

 

そんな感覚でいいような時かと。

 

そうした中で

 

ICに土星・冥王星・金星が

 

ずらっと重なりながら並ぶので、

 

これはもう完全に

 

来る天王星牡牛座時代に向けての基礎固めかなと。

 

地に足つけて徹底的に

 

自分の倫理、独自の「好き」、

 

そして大我に向けて地ならしする。

 

心理的にも基盤を整える。

 

そんな感じがします。

 

これも冥王星が強制的に働きますので

 

私達が頭で考えてあれこれしなくて良い感じです。

 

ただ、覚悟を決める。

 

沖縄の辺野古移設反対の民意がはっきりしたり、

 

そういった事もここに関係しているのかもしれません。

 

私たちはどういう未来を描くのか

 

夢を形にする事がもうすぐ始まる。

 

そんなタイミングになっっているように思います。

 

さて、この下弦の月、

 

芸能活動に向いている1週間なのですが、

 

3月1日、テレビの公開収録に参加して

 

郷ひろみさんやシシドカフカさん、

 

由紀さおりさんや藤あや子さん等

 

歌手の大御所の方々と同じステージに立ちます。

 

と言っても、コーラスグループの一人として。

 

大勢の中の一人です。

 

今、私の出生の牡牛座太陽に

 

山羊座冥王星がトライン(120度)で、

 

そこに魚座水星が60度で小三角を作っています。

 

これを詠むと

 

冥王星と太陽のトラインが

 

「昔捨てた可能性を取り戻す」ってあるんです。

 

私は学生時代、

 

歌手・女優を夢見ていました。

 

演劇部で演じるのが楽しく、人気もあったし(女子校で女子に)、

 

歌は歌で自信があったし

 

実は「スター誕生」のオーディションに出た事もあった。

 

友達と二人、デュオで。

 

落ちましたけど。

 

あの頃はアイドルの走りの頃で

 

同世代のアイドルには

 

明菜ちゃんやキョンキョン、

 

マッチ、シブがき隊などがいて

 

ビジュアルが良くないとなれない時代でした。

 

私は自分の外見に自信がなかったので、

 

そっちの方は早々にあきらめまして(笑)

 

女優は20歳前に俳優養成所で目指しましたが

 

芸能界を垣間見て、弱肉強食の貪欲さに

 

自分の野心のなさを思い知り、

 

素直に大学生の道を選んだのでした照れ

 

そうやっていわゆる芸能界に入るのはやめましたが、

 

同時にバンドに入り、

 

その後30代までバンドを続けることになり、

 

その中でプロの仕事もさせていただき、

 

結果歌い手としては長く活動をさせていただく事になりました。

 

そうして昨年出会ったコーラスグループで

 

思いっきり芸能活動をされている阿木燿子さんと出会い、

 

こういった活動をさせていただけるようになるというのは、

 

ある意味冥王星のお蔭?なのかもしれません。

 

(阿木燿子さんはある意味芸能界の冥王星的存在!?)

 

そこで専門の歌を発揮できる有難さですよね。

 

学生時代、バイトで「夜のヒットスタジオ」に出た事があります。

 

谷村新司さんの「昴」の後ろでコーラス隊として

 

おそろいの白いドレスで立つというバイト。

 

歌はほとんど口パクでした。

 

今回は歌はちゃんと歌います!

 

当日の工程表が出たのですが、

 

まあ―いい曲が目白押し!

 

青春時代愛したあの歌もこの歌も、

 

阿木燿子さんが作曲したのか!!

 

そんなサプライズが多々あります!

 

収録終わったら皆さんに番組のお知らせをしますね!

 

是非見ていただけたらと思います。

 

NHKBSプレミアムです。

 

という事で、当日は50人分の1として

 

お客様を煽ってきます!

 

良い経験を楽しませてもらってきますね。

 

またレポートしまーす音譜音譜音譜

天星水月(てんせいみずき)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ