魚座上弦の月~自然と共に生きるって。。 | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ


テーマ:

もう過ぎてしまいましたが、

 

先ほど20時49分、魚座上弦の月です。

 

柔軟宮に星が多くあり、

 

プロセスにある今。

 

上弦の月のサビアンシンボルは「人の住んでいる島」

 

自然の中で生きる事を欲します。

 

緩く重なっている火星、そこに更に重なる海王星。

 

その想いは熱く、夢を乗せて。

 

ただそれを人にわかってもらうのはなかなか難しく。

 

自分でも言葉にするのにはまだ時間を要しそう。

 

自然の中で生きるって?

 

自然な感受性と

 

純粋な人間性が一体化した生き方って

 

松村潔さんは本で書いているけれど。

 

直感を使って

 

ありのままの自分で

 

自然と共存する。。

 

私も実際にそう生きたいと願っていますけども。

 

そこに射手座太陽が葛藤しています。

 

サビアンシンボルは「家のドアにとまっている青い鳥」

人に心を開く事が明るい未来につながる。

 

人の話も聞くのです。

 

知っている話も知らないふりして無邪気に。

 

そうして社会や集団、コミュニティに順応し

 

幸せに生きようとする。

 

それはそれで純粋なのですが、

 

自分の気持ちが熱すぎて

 

妨害するものは怒りをもって排除しようという

 

トラブルの匂いも。

 

特に親しいパートナーシップの中ですね。

 

まだまだ決めたり行動したりする時ではなく、

 

その為に熱い想いに徹底的にこだわっていく。

 

人に伝えるのに劇的なロマンに載せて表現したりして

 

影響を与えつつ意見交換し合う。

 

月と火星の合は

 

特に女性が元気になる配置で、

 

女性主導の活動や事業には向いている時。

 

自分の想いは本当に世に通じるものか。

 

わかってもらえるのか。

 

自分を幸せにするものなのか。

 

そんな事を問うタイミングです。

 

心の基盤における理想が現実をはみ出し気味で

 

あれもこれもと絞れない時だからこそ

 

今何を大事にするべきか

 

ここで見直し、手放しをするという事でしょう。

 

その為に人の話を聞くのは重要です。

 

一方、家族や親しい人との仲は平和な時。

 

節度を保った安定感を感じて過ごせます。

 

その中でソフトな直感や感性を生かす様な

 

上弦の月です。

 

今この星詠みを地で行くような

 

話し合いをお仲間と展開中。

 

自然の一部として生きる

 

その想いをどう伝えるか。

 

なかなか難しい。

 

海王星が言語化を邪魔しているのかな~

 

皆のヴィジョンは一致していると思うのですが、

 

それを言葉にするのに

 

人それぞれのLanguageが出てくるのですね。

 

そんな会話をできる仲間がいる事が

 

そもそも幸せだなーと思うのです。

 

自然と共に生きると言えば、

 

昨日初めて生の天皇皇后両陛下を

 

極めて近い距離で拝見する機会に恵まれました。

 

こっそりその時のショットを貼り付けます。

 


まさに自然と共に生きるを代々されてきた存在。

 

まるで妖精のような気配でした。

 

 

ここを目指せたらすごいな――と、

 

どうやったらいいかわかりませんが、

 

祈って暮らせばいいのかな?もしかして。

 

祈りって宗教的ではなく

 

本当は日常に根差した思いやりや尊敬や、

 

愛、なんだろうなと思うのですよね。

 

そんな気に溢れたお二人の気を間近に感じました。

 

自然に生きる、お手本にお会いできたのかも。。。

 

そんな事を感じました。

 

ここはまだ中継地点。

 

来週には冬至があり、

 

太陽が山羊座に入ります。

 

その翌日には蟹座満月です。

 

ここはまさに転機ですね。

 

次のフェーズをお楽しみに!

天星水月(てんせいみずき)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス