乙女座下弦の月~変化の過渡期を楽しむ! | 天星水月のCosmical Voice

天星水月のCosmical Voice

天占易学カウンセラー・星詠みアーティストである天星水月が
あなたへのメッセージやポジティブな日常を綴る幸せ伝導ブログ


テーマ:

先ほど乙女座下弦の月でした。

 

ホロスコープには柔軟宮の天体が多くあり

 

前回の満月に引き続き揺れる時。

 

木星がある射手座は柔軟宮で、

 

海王星も魚座にずっとあります。

 

乙女座に出生の星がある人は

 

葛藤のTスクエア(三角形)が出来てしまいます。

 

かく言う私も乙女座に3天体。

 

魚座海王星は私の土星と重なっていて

 

見事に葛藤の渦に巻き込まれる(笑)

 

おまけに水星・木星が私の出生の金星・木星とオポジションで

 

グランドクロスが出来ていましたから

 

この機の迷いは実感できます。

 

(今も悩んでいるしー)

 

そもそも太陽・月の度数8度は

 

過渡期途中の不安定さのある度数。

 

乙女座月8度のサビアンシンボルは

 

「最初のダンスの練習」

 

新しいダンスのやり方になじむまでの

 

葛藤、ぎこちなさ、受け身、

 

今までのやり方への依存、

 

それが自ら積極的に取り組み、

 

反復練習をしていくうちに

 

徐々に馴染んでいく。

 

そういった心境なんだとわかります。

 

それに対して90度の

 

射手座太陽8度のサビアンシンボルは

 

「内部で形成されている岩やその他のもの」

 

こちらは異物を受け入れて自分を変えていくという度数。

 

外身に変化はなく、

 

迷っている状況であるのですが、

 

実は内部は変化をし始めているという意味です。

 

今はこらえ時だと。

 

私達の姿勢は確実に変わってきている。

 

そんな下弦の月となっています。

 

順行に戻った海王星

 

火星を従えて勢いを増し、

 

浄化力、癒し力、スピリチュアルな力を促します。

 

急速に癒されますが、

 

同時に手放しも促進されます。

 

これでいいのかな??と考えてしまいますが、

 

すべては内側の変化からもたらされたもの。

 

自分を信頼してOK!

 

また、海王星はあらぬ幻想をもたらしかねないのですが、

 

それを調停してくれるのは

 

12ハウスにある山羊座土星

 

真面目に、地に足をつけ、

 

集中してルールを順守しましょう。

 

そうできるものだけに絞っていきましょう。

 

そう意識するだけで

 

現実が変わっていくようです。

 

今は焦らず、色々好きな事を学んだりして

 

知識を増やしておくのも良いかもしれません。

 

射手座木星期は集中より拡散させながら

 

1つの目的に絞り、高く飛翔させます。

 

そういう時期を楽しむ事です。

 

柔軟宮が5つある私は結構曖昧でも

 

その状況を楽しむ事が出来るのですが、

 

不動宮が多かったりすると居心地が悪いと思います。

 

活動宮が多いと何かをしないではいられない。

 

すべてOK!

 

迷いがあるからこそ

 

精神性が磨かれていく。

 

この1週間はそんな時です。

 

12月7日はいよいよ射手座新月。

 

ここで初めて、

 

射手座木星期が本格スタートすると言われています。

 

ですが、逆行して天秤座に戻っていた金星が

 

この頃蠍座に入っています。

 

次の新月星詠みをお楽しみに!

天星水月(てんせいみずき)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス