一番大切なこと忘れていた...


昨日読んだ吾郎さんのブログ 君のいる場所。 を読んだ瞬間、何とも言えない思いが込み上げて来た。

短いメッセージと数枚の写真...
ただそれだけなのに、その光景が映像となってはっきり見えた気がした。


夕暮れ時の海浜公園...

冷たい風が抜ける中、あの場所だけは暖かな空気が流れてた。

天使たちの笑う声に吾郎さんの優しい声、そして暖かな手の温もり.....



言葉と写真だけなのに、どうしてこんなにも感じられるのだろう?

これ程、ストレートに心に響くメッセージ....


それは吾郎さんの清らかな心と、類いまれな才能があったからかもしれないけど、

そこにあった、彼女たちを大切に、そして愛しく思う気持ちがあったからこそなんだと思った。



それ以外余計な事なんて考えていない....

だから、こんなにもストレートに伝わって来たんだ。



吾郎さんのブログを読み終え、ふと自分の事を考えた。

私はブログを書く時、私どんな思いで書いてるだろう...

 


そう考えた時、一番に浮かんだのが、

『ランキング』....だった。



日々記事を投稿して行く中で、翌日発表される『ランキング』の事ばかり気にしていたのです。

多くの人に知って貰う為にも、もっともっと書かなきゃ....と、そればかり....

事実、朝起きて一番に確認するのが、そのランキングだった。



私って、ランキング上位になる為だけに、ブログ書いてたんだ。



そう思った時、泣きそうになった。


違う、
間違ってた.....


そう気付かせてくれた事に感謝....


と、同時に凄く気持ちが楽になった。

ランキングという縛り紐を、自分の手で解き放つ事が出来たから....





これからは、
ランキングの事など気にせず、自分の思いを書いていこう。

それでいいんだ。


その結果で付いて来たランキングであるなら、きっと何よりも愛しいと思えるはず。




吾郎さん...本当にありがとう。

これからもブログ楽しみにしていますね。


AD