次世代エネルギー | ウェルスダイナミクスシニアプラクティショナー松本いずみ
2014-09-28 18:32:33

次世代エネルギー

テーマ:ココロと身体の健康
宝石緑お金持ちマインド養成講座/毎月5万円をアップさせるライフワーク講座/プロファイル才能特別初回お試しコンサル

◇◇◆人気のコラム/izumiの部屋◆◇◇

人気の記事は、こちらに掲載!!
松本いずみの素顔が分かる(笑)  書きたい事を書いていきます。

ライフワークアドバイザーの
松本いずみです。

爽やかな日が続きていますね~。


かなり昔にユーグレナのことを聞いていましたが
最近、結構、流行ってきたみたいですね~。

ここは、マーケティングがうまいのでしょうね。


アサイーなどもそうですが、まだまだ知られていない
健康的な食材は地球にはたくさんありそううです。


ブラジルに住んでいた方に聞くと、
日常的にアサイーは食べていたようですし。


メディアでも健康に関わる話題が多いいです。


健康は大きな財産ですから、大切にしたいですよね。

予防にかける方が、一番効率的ですからね~。


以下は転記です。
ミドリムシビジネスが、量産技術の確立で新たなステージに突入した。

神鋼環境ソリューションは8日、ミドリムシ(学名 ユーグレナ)の
量産技術を確立したと発表した。


ミドリムシの培養は小さなフラスコを使う方法が一般的だが、
神鋼環境ソリューションは、1立方メートル(1,000リットル)の
培養槽で安定して量産できる技術を確立した。


これにより、ミドリムシ由来のサンプルをキログラム単位で
提供する体制が整ったため、食品だけでなく
バイオ燃料などの商品化が一気に進むとみられている。


ミドリムシは、体長わずか約0.05ミリメートルの小さな微生物(藻の1種)で、
5億年以上前に原始の地球で誕生した。


動物と植物の両方の特徴を持っており、植物のように光合成を行って
栄養分を体内に蓄えるだけでなく、動物のように細胞を変形させて移動することもできる。


またミドリムシは59種類もの栄養素を持つことから、
食品などへの活用が相次いでいるほか、油脂分を多く含むため、
燃料としての実用化も期待されている。


一方で、ミドリムシを使った食品の商品化を多くの企業が相次いで行っている。


ファミリーマートは、世界で初めて食用としてミドリムシの
屋外大量培養に成功した株式会社ユーグレナと共同で、
石垣産のミドリムシを使用したデザート
「スプーンで食べるスムージー ユーグレナ・グレープフルーツ&いちご」(税込230円)
などのオリジナル商品を、9月16日から全国のファミリーマート店舗で発売すると発表した。


また、4月にはイトーヨーカ堂と株式会社ユーグレナが共同で、
「ミドリムシカラダに委員会」を発足させた。カゴメや永谷園、
カルビーなど食品メーカー8社と共同で、ミドリムシ入りの野菜飲料やガム、
即席みそ汁、わかめスープなど9品が商品化され、
イトーヨーカドーの食品コーナーで展開されている。


さらに、ミドリムシ由来の燃料の実用化も始まっている。


6月には、株式会社ユーグレナといすゞ自動車が、
次世代バイオディーゼル燃料の実用化を目指す
「DeuSEL(デューゼル)プロジェクト」をスタートさせ、
7月1日からミドリムシ由来のバイオディーゼル燃料で
いすゞの藤沢工場のシャトルバスを運行している。


ミドリムシの量産技術の進歩により、ミドリムシ由来商品の開発が一気に進みそうだ。
市場は今後、さらに拡大していくことだろう。

松本いずみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス