【結果】JWP7・26名古屋 | 女子プロレス専門誌『RINGSTARS』
2015-07-27 14:34:11

【結果】JWP7・26名古屋

テーマ:☆JWP


 JWPが1年ぶりの名古屋大会を開催。入場式では瑛凛がマイクを持ち「初めてという方も多いと思うんですけども、昨年11月に入団しました瑛凛で~す! JWPにとっても1年ぶりの名古屋大会なので、全選手すっごい気合いが入ってます!」と元気よくあいさつ。

 第1試合ではキャリアに勝る矢子がJWP初参戦となる真利杏(まりあん/スポルディーバ所属)を押さえ込んでフォール勝ち。第2試合では瑛凛の丸め込みの連続攻撃を凌いだ鋼が、カウンターのラリアットを叩き込んで快勝した。春山は引退ロードとして同期のKAZUKIと激戦を展開。2発目のダイビング・ギロチンで勝利した春山は「私はバリバリで引退していくので、あなたに負けることはもうないと思います。“勝ち”のまま引退していきます」と宣言。KAZUKIは「いやいや、ちょっと待って! 私は毎試合、負けるつもりでリングに上がってないんですよ。なので勝ち逃げはさせません!」と売店でのポートレートの売り上げ対決を迫って会場を笑わせる。


 セミファイナルのJWP純血タッグマッチでは、ボリショイのピコニー・スマッシュのアシストを受けた中森が、中島の側頭部に強烈な回し蹴りを叩き込んで激勝。マイクを持った中森は「よっしゃ勝ったぞーっ!! 中島安里紗に3年ぶりに勝ちました!」と叫ぶと、8・16後楽園で未定となっていた紫雷美央のパートナーに名乗りを上げる。中島は「上等だよ。受けて立ってやるよ。自分の格をよく考えろ」と返答。中森は「いいんじゃない?それで。華子がいるからこのカードは華やかになったんだよ! 私が勝って残酷プリンセスになりたいと思います」と意気込みを述べた。メインイベントのタッグ2冠戦は4人が入り乱れる展開から、幸子にホイップされてLeonに絡みついたチサコが電光石火のウラカンラナで3カウントを奪取。2度目のJWPタッグ王座戴冠となった十文字姉妹は、涙を見せながら喜びを語った。


『コマンド☆ハリケーン in NAGOYA』
◆7月26日(日)愛知・名古屋クラブダイアモンドホール(13:00)
観衆251人


▼15分1本勝負
 藤ヶ崎矢子(7分4秒/エビ固め)真利杏
▼15分1本勝負
 ライディーン鋼(8分50秒/ラリアット→片エビ固め)瑛凛
▼春山香代子引退ロード・15分1本勝負
 春山香代子(12分37秒/ダイビング・ギロチンドロップ→片エビ固め)KAZUKI
▼スペシャルタッグマッチ・20分1本勝負
 コマンドボリショイ&○中森華子(11分53秒/バズソーキック→片エビ固め)●中島安里紗&ラビット美兎
▼JWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権試合・30分1本勝負
 ○DASH・チサコ&仙台幸子(19分47秒/ウラカンラナ)●Leon&Ray
※王者組が5度目の防衛に失敗、十文字姉妹が第46代JWP認定タッグ&第19代デイリースポーツ認定タッグ王者組となる。




















 16時からスポルディーバアリーナで行なわれた出張道場マッチ。全員が春山のコスチュームを着用してのバトルロイヤルは過去最高の10人が出場。1人ずつ選手が脱落していき、最後は中森がシャイニングウィザードから、その場飛びのギロチンドロップで瑛凛を下して優勝した。その後“誰が1番似合っていたか?”を観客の声援と拍手で決めるコンテストでも中森が優勝。春山はそのコスチュームを中森にプレゼントすることを約束した。






RINGSTARSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス