18金のピアス、金属アレルギーは大丈夫なの? | 【金属アレルギー専門店】代官山指輪工房

【金属アレルギー専門店】代官山指輪工房

アレルギーの心配がない9種類のレアメタルで世界で他のどこにもない指輪を作ります。


テーマ:

金属アレルギーでもつけられるピアスの選び方』の記事を書いてから、数人の方から

 

「18金のピアスは、金属アレルギーは大丈夫なのでしょうか?」

 

という、お問い合わせをいただきました。

 

 

そこで、今日は18金のピアスの金属アレルギーに関して、詳しく書いておきたいと思います。

 

 

 

18金とは?

 

18金(じゅうはちきん)という言葉は、聞いた事がある方は多いと思います。

 

金(ゴールド)の純度表記は、宝飾の世界では24分律であらわす事が多く、18/24、つまり75%の純度の金という事を表します。

 

ちなみに、残りの25%は、銀や銅、場合によってはパラジウムが含まれる場合もあります。

 

そして、この残りの25%のうち、12.5%が銀、12.5%が銅のものが18金イエローゴールド。

 

残りの25%のうち、ほとんどが銅のものが18金ピンクゴールド。

 

残りの25%が、パラジウムと銀のものが18金ホワイトゴールドと呼ばれています。

 

 

 

18金イエローゴールドの素晴らしいところ

 

75%の純度の金、と聞くと、「なんだ25%も混ぜ物じゃないか」と思う方もおられるかもしれませんが、宝飾の世界で、ほとんどの金が18金(特に18金イエローゴールド)で扱われるのには、訳があります。

 

宝飾品の素材として見ると、純度100%の金(24金)よりも、18金イエローゴールドの方が、ずっと優れているからです。

 

優れている点を挙げると、次のようになります。

 

・硬くて丈夫、変形にも強い。宝石のホールド力も高い

 

・バネ性がある。ある程度の変形では元の形に戻る。

 

・耐摩耗性が高い。磨り減ったりしづらい

 

・鋳造時(熔解時)の流れが良く、精密な鋳造品が作りやすい

 

・時効硬化性を持つので、熱が加わっても鈍っても置いておくだけで硬くなってくれる。

 

 

これらは純金にはない特性です。ただ銀と銅を少し混ぜただけなのに、こんなに性質が向上するため、宝飾の世界では18金イエローゴールドが好まれるのです。

 

しかも18金であれば、宝飾品として必要十分な耐食性があり、変色もほとんど起こりません。(14金ぐらいまで純度が下がると変色が顕著になり始める)

 

 

 

18金は、金属アレルギーになるのか??

 

さて、18金は、金属アレルギーになるのでしょうか?

 

個人差があるので、断定的には言えないのですが、大まかには「イオン化傾向」が金属アレルギーのなりやすさに関係します。

(金属アレルギーのメカニズムについては、こちらの『金属アレルギーにならない指輪の選び方』で詳しく書いています)

 

ですので、ここでは、金属素材を金属アレルギーになりやすい順番に並べる事で、大まかな傾向を掴んでいただけるのではないかと思います。

 

一番金属アレルギーになりやすいのが、

ニッケルで、それから

コバルト

ブロンズ

真鍮

クロムメッキ

鉄鋼

各種アルミ合金

サージカルステンレス

パラジウム

18金ホワイトゴールド

シルバー925

 

と並んでゆきます。そして

 

プラチナ900(プラチナに10%のパラジウムを混ぜたもの)

プラチナ950(プラチナに5%のルテニウムを混ぜたもの)

18金ピンクゴールド

18金イエローゴールド

純プラチナ

純金

 

というような順になります。

 

さらに、これらよりも金属アレルギーになりづらい金属素材が

 

チタン、

ジルコニム、

ハフニウム、

ニオブ、

 

そして、一切金属アレルギーの心配がない

タンタル

 

と並びます。

 

ですので、18金イエローゴールドは、よほど過敏な方や、銅に金属アレルギー反応が出る方にはおすすめはできませんが、金属アレルギーに悩む方はニッケル、スズ、コバルト、あるいはパラジウムに反応が出ている方がほとんどなので、18金イエローゴールドでは反応しない方がほとんどです。

 

繰り返しにはなりますが、もちろん個人差はあるので、医療機関で金属アレルギーのパッチテストを行って調べるのが、もっとも確実です。

 

また、金属アレルギーを発症した際は、すぐにピアスを外しましょう。外しさえすれば、基本的には症状がひどくなることはないはずです。

 

 

 

安全性を取るならチタン、デザインの自由度を取るなら18金イエローゴールド

 

上記の序列を見ると、金属アレルギーのなりづらさ、でいうとチタンの方が優れているのですが、チタンのピアスはデザインのバリエーションが多くなく、なかなか気に入ったものが見つからないという方も多いのではないかと思います。

 

特に、安価なピアスで、合成石のキュービックジルコニアを留めた、というようなものではチタンのピアスは多く見かけますが、ダイヤモンドをはじめとした宝石を留めたジュエリーと呼べるものでは、チタンのピアスはほとんど見かけません。

 

その点、18金イエローゴールドであれば、海外のハイブランドをはじめとして、様々なデザインが見つかります。

 

ちなみに、プラチナのピアスもありますが、宝飾品のプラチナ(Pt900)には、金属アレルギーの原因になりやすいパラジウムという金属が含まれているので、避けた方がいいでしょう。

 

 

 

おすすめの18金イエローゴールドのピアス

 

18金のピアスだと記載があっても、18金のメッキであったり、ゴールドフィルと呼ばれる、表面にだけ18金を延ばした地金を使ったピアスもあるので、注意が必要です。

 

ハイブランドであれば、18金と記載されていれば、間違いなく18金でしょうし、細部にもこだわって金メッキのパーツなどは使われてはいないはずですが、安価すぎるものはメッキを疑った方がいいです。

 

例えば、こちらは、誕生石と組み合わせて、ポストもキャッチも18金イエローゴールドなのでおすすめです。

→ http://amzn.to/2vwWHrs

 

こういうフックピアスも18金イエローゴールドです。

→ http://amzn.to/2vx2YmX

 

こちらのハート型のピアスも18金イエローゴールドのものを選ぶといいと思います。

→ http://amzn.to/2vwV257

 

 

 

ピアスのオーダーメイドも出来ます。

 

気に入ったデザインが見つからず、逆に明確にデザインの希望をお持ちでしたら、代官山工房では、18金のピアスをオーダーメイドでお作りすることも可能です。

 

ポストの部分、キャッチの部分、その他ロウ付けなどの接合部分など、金属アレルギーに配慮して、一切の妥協なくお作りしています。

 

オーダーメイドなので、納期は3ヶ月〜、

価格は、両耳のペアで10万円〜とはなりますが、理想にぴったりのものを実現できますので、心のこもった贈り物にも最適です。

 

 

 

ピアスのご注文やご相談は、こちらから、お問い合わせください。
↓    ↓
http://ringology.org/grape1/




金属アレルギーにならない結婚指輪
TOKYO DIAMOND 代官山工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)




代官山工房は、口コミによって支えられています。広告費をほとんどかけないでやって来れているのは、口コミによって支えられているからです。

広告費をかけないから、原価の高い、稀少で最高級な材料を使えるのです。

金属アレルギーにお困りの方が友人・知人にいらっしゃったら、ぜひこのブログを教えてあげてください。

廣瀬一京さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります