イベロアメリカ映画の傑作100選 | MARYSOL のキューバ映画修行

MARYSOL のキューバ映画修行

【キューバ映画】というジグソーパズルを完成させるための1ピースになれれば…そんな思いで綴ります。
★「アキラの恋人」上映希望の方、メッセージください。


テーマ:

先月お伝えしたNOTICINE.comが選ぶイベロアメリカ映画の傑作100選

最終結果が発表になりました。

(一週間前、札幌のホテルで開いたデスノエスのメールで知りました。

ICAIC.DIGITAL(マリオ・ピエドラ先生が編集長)でも臨時速報が出ました!)

参考URL:
http://www.noticine.com/iberoamerica/36-iberoamerica/10752-la-cubana-qmemori


NOTICINE.comとは:
1997年にインターネットで初めてイベロアメリカの映画情報を発信した記者グループが2001年に開設。

先月のアクセス数は5万2千を超える。

MARYSOL のキューバ映画修行-Memorias (s) さて第1位は、ジャジャーン!
やっぱり『低開発の記憶』

(トマス・グティエレス・アレア監督/キューバ/1968年)でした!

原作者及び脚本はエドムンド・デスノエス。

まさにICAIC50周年を祝うのに

最高のニュース!


そして第2位は前と変わって 『パンズ・ラビリンス』

(ギジェルモ・デル・トロ監督/スペイン・メキシコ/2006年)

第3位は、これも前と違って 『忘れられた人々』

(ルイス・ブニュエル監督/メキシコ/1950年)

ちなみに第4位から10位は以下の通り:
No.4 『シティ・オブ・ゴッド』(フェルナンド・メイレレス監督/ブラジル/2002年)
No.5 『オール・アバウト・マイマザー』

    (ペドロ・アルモドバル/スペイン/1999年)
No.6 『皆殺しの天使』(ルイス・ブニュエル監督/メキシコ/1962年)
No.7 『苺とチョコレート』

    (トマス・G.アレア&ファン・C.タビオ共同監督/キューバ/1994年)
No.8 『セントラル・ステーション』(ヴァルテル・サレス監督/ブラジル/1998年)
No.9 『オフィシャル・ストーリー』

    (ルイス・プエンソ監督/アルゼンチン/1985年)
No.10 『Doña Flor y sus dos maridos(フロール夫人と彼女の二人の夫)』

    (監督:Bruno Barreto/ブラジル/1976年) これだけ日本未公開?


『ルシア』(ウンベルト・ソラス監督/キューバ/1968年)は惜しくも12位


さて、このように結果が変わった理由は、前回は読者によるネット投票の結果(2008年12月末の時点)であって、あくまで中間発表だったのに対し、今回は、映画のプロ、批評家、ジャーナリスト、映画祭関係者、それに一般の映画ファンを加えた全投票の最終結果だから。
それにしても、専門家だけでなく、一般の映画ファンの意見が大きく反映したアンケート結果というのは、これが初めてだそうです。


また、対象作品のうち、最も古い映画は1947年の“Nosotros los pobres”(メキシコ)で、最新作は2007年のものでした。


今回の結果が示す興味深い点は、時代的に新しい映画が上位を占めたこと。

それは、イベロアメリカ諸国では、古い映画作品に接する機会が少ないという事情を反映していると同時に、近年の技術面および芸術面での進歩が、同地域の映画の質を大いに高めている証しでもある、と指摘されています。

Marysolさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.