佐渡ロングライドその3

思わぬボトルロケット発射で身も心も限界の熊猫ですパンダ汗




なんとか小木ASまで到着したものの・・・もうだめかもガーン


そんなとき、ボトルを落とした後に嫁様に

“もう限界。なんか元気が出る写真をプリーズ(x_x;)”

とメールした返答が・・・・


photo:07
つかまり立ちをする息子でしたww



もっと可愛い系の写真を送ってくれるかと思いきや・・・・もっと頑張れ!なメッセージwww




あはは、まさか息子の頑張りに励まされるとは・・・・お父さん情けないね。

楽しく走るはずの佐渡ロングで苦しいからって。与えられた試練じゃないんだ、自分から喜んで参加したものなのに投げ出そうとするなんて。


こんな情けない姿、頑張ってる息子に見せられないね。







うん、頑張ろうか。ゴールまで。










photo:01

小木ASでありったけの回復ジェルを摂り、30分ほど休憩してからリスタートビックリマーク


田んぼからも靄が出てました。

どうやら、海側から急激に冷たい空気が流れてきて、水温の差で靄が出来たみたい。


上の写真の後に、お母さんとお子さん2人が自前の補給食を配ってましたおにぎり

ASでは白米のおにぎりだけ配っていたので、塩の効いた玄米おにぎりが口の中と気分をリフレッシュ流れ星





なんだかパワーも戻ってきたゾ(*゜▽゜ノノ゛☆





登りも脚が回って力も入る!


それに実際に速度も上がってるし!



キタ―――――(゚∀゚)――――――!!






photo:02

小木ASから素浜ASまでの激坂区間も、周りが斜行してる中をグイグイ登れる!!

コース変更になって、一気にグイっと急斜面を登る形式から、緩急のある坂をつらつらと登る形式に変わりましたが、このコールなら奥胎内や山古志の方がまだキツイ!

と、だいぶ余裕が出てきましたニコニコ


photo:03
しかも、坂の途中で聞えてきた和太鼓の音色音譜も力をくれました(o^-')b


photo:04

海岸線が見たことのある景色に。佐和田の景色になってきた!


戻ってきた――!!って気持ちが強くなる瞬間です音譜


photo:05

前にも見たけど、この飛行機って“飛べダコタ!”って映画のアレ??


昔、佐渡に不時着した飛行機を飛ばすために、佐渡島民が手作りの滑走路を造ったっていう…。

もっと佐渡の魅力を感じたいけど、今はまだゴールすることしか頭にありません(iДi)



素浜ASにて。

ここにきてようやく天候に恵まれたなぁ~と思えました。


photo:06


素浜AS後の長い登りもクリアして、市街地を駆け抜ける。




あとは時間との勝負。

130kmコースの人達が合流し、いよいよラスト区間ビックリマーク


photo:07

またここに帰ってきた・・・・。



DJに名前を呼ばれながらのゴールは・・・・最高です(´∀`)音譜


photo:08

今年も無事、完走証をいただけましたニコニコ



改めて。

佐渡のみなさま。

応援してくれたみなさま。

励ましてくれた妻と息子に、感謝!!



走行距離 211km
移動時間 7:56:09
消費カロリー 6,619Kcal



photo:10


帰りは・・・

たっくんさんとジェットフォイルに乗るはずが、タイミング悪く最後の一枚が目の前で無くなってしまうというプチハプニングがガーン


これも想い出!と思って地獄の最終フェリーに乗って帰ってきましたとさパンダ




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


佐渡ロングライドからもう1ヵ月以上経過してしまいましたが、ようやく終わりました汗



次なるイベントは・・・・


なんと明日!


新潟シティライドですアップ


レポート書くからね~虹

AD

佐渡ロングライド その2

photo:01

佐渡ロングライド特有?の、“長ーいトレイントレイン音譜”に乗って、100km地点の両津BS(ベント―ステーション)に到着した熊猫パンダ


去年は知らないけど、2011年のときとBSの場所が違ってた。

佐渡汽船のカーフェリー乗り場の横のドームに移動したんですね。




ちなみに、私が100km地点に到着したのは・・・

photo:02

ちょうどこんな感じ。

9:30前に到着し、再出発の目標は10時に。


弁当をいただいてテーブル席に座ると、『やぁ、ここは空いてるかいはてなマーク』と、2人組みの外国人と相席になった。

ふとその1人を見ると見覚えが・・・


そういえば、Z坂の前で一緒にトレイン組んだ人だ。

そして、僕の前に躍り出たときに、サドル下のスペアのチューブラーを落っことした人だえっ



その後の(つたない)英会話は・・・


パンダ『やぁ、さきほどは大変でしたね。スペアチューブ落としてたけど、拾えました?』

ニコニコ『あぁ、さっきのね。大丈夫、拾えたよ、ありがとう』

パンダ『良かった。落とし物には気をつけないとですね』

ニコニコ『そうだね、ここから先も頑張らないとな。お互い良い旅を(走りを)』


と、こんな(雰囲気の)話をした国際色豊かな佐渡ロングライドの一場面でした音譜



タックンエボさんとも合流できました。が、脚の遅い私は一足先に出発。

photo:03

ツールボトルにバーニアステッカーを貼って。


“プロペラントタンク+バーニア×2”


これが自分を鼓舞してくれましたね合格




ただ・・・・このプロペラントタンクがのちに大問題に繋がるのですが汗






両津BSを出ると、案の定向かい風になりました。

2011年もこの区間は向かい風だったので、海沿いの風に負けないように走ります。


が、やはり前半の頑張りが脚と心にキテル・・・・うーん不調すぎガーン


なんとか大きなトレインに乗れましたが、前に出られるほどの力がでない。

無賃乗車させていただきました( ̄_ ̄ i)




photo:04
小佐渡の海沿いは、車1台が走れるほどの狭さと、軽い登り下りが特徴です。
ただ、登り下りがあるためかトレインというよりも若干レースチックな雰囲気になる(;´Д`)ノ



そして・・・・上の写真にご注目。


このサーベロの外国人の方。

ゼッケンの色が違ってるよ汗

そんで、オイル足りないのかシャリシャリ音鳴ってるのに、走りがパワフルでしたおΣ(゚д゚;)






そんな大トレインに乗れたものの、多田ASからはほとんど1人旅状態。

途中で脚の合うお2人(Z坂から一緒のトレインになりやすい)で組みましたが、

次第に遅れはじめる熊猫パンダあせる



向かい風と靄?霧?によって眺めの遮られた変わり映えしない景色に心がすり減り・・・










ガッチャーン!!


え・・・・パンダ?と思った瞬間に、「ツールボトル落ちましたよ!!」

と、後方にトレイン組んでいた方が教えてくれました。


ふとした衝撃でサドル後方のツールボトルが1本、ボトルロケット化しちゃいました∑(゚Д゚)



しかも、止まって後方確認した、次の瞬間!!




コロコロコロコロ・・・・長音記号2


photo:08

道路から2m下の浜辺に落下!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



一部始終見ていた、落ちたことを教えてくれた方が、かお「あの・・・・・・大丈夫ですか?」

と声をかけてくれました。


パンダ「ありがとうございます。まさかなことが起きちゃいましたけど、大丈夫ですw取りに行きますから♪」


えっ「あ、あ、そうですか。・・・頑張って下さいね」


落ちたボトルを拾いに行こうとする熊猫に若干引いていた彼ですww



さーて、中身は大したことありませんが、大事なチームステッカーを貼ったボトルです。

そのままにしたらゴミになるのも残念なので、拾いましょう。


ですが、2m下に直接飛び降りるのも危ないので・・・


photo:05

浜辺に降りる階段が近くにあって助かりました音譜


それでも、20mは岩の上を進まなくてはいけません汗

しかも、クリートだしw



photo:06

なんとかボトルまで到着し、無事に回収できました。



ですが、回収するために15分ほどかかってしまいました。



滑るクリートで岩の上を進んだため、変な疲労感が。



おまけにクリートに砂が詰まって右ペダルがはまらなくなったし(+_+)



まだ60kmも残ってるし。



小木の激坂&長い登り区間もある・・・・







・・・・・・・もう、リタイヤしようかな・・・・





続く・・・んですけどねパンダ
AD

佐渡ロングライド その1

photo:01

さてさて、佐渡ロングライドから2週間近くも経ってしまいましたが、ようやくブログにアップする心の準備ができました、熊猫ですパンダ



心の準備・・・・つまりはめんどく・・・





さーてさてさてww

と、本題に入る前に・・・・


photo:02

佐渡市民の皆様ビックリマーク


今年も皆様のおかげで数千人もの自転車乗りが

最高の1日を過ごせました音譜


運営、ボランティア、沿道での応援、マイカー規制の御協力と、

たくさんたくさんありがとうございました!!





それでは薄れゆく記憶を呼び起こして・・・・w



5/12 AM2:00 起床


夜勤で慣れているのでなんとなーく起きたい時間に起きれました。

CS27の佐渡ロングライドツアーに参加した3人は、

両津の旅館から3:10発のシャトルバスに乗って・・・・・40分ほどかけてスタート地点の佐和田へ。


ここで、前日に買っておいたサンドイッチと旅館から頂いたおにぎりをパクパクおにぎり



うーん・・・・ちょっと足りないかも汗


内心エネルギー不足感を感じましたが、佐渡にはセーブオンが数件しかないため

気軽に買い出しになんていけませんガーン


最初の100kmをASに寄らずに行こうと考えるなら、しっかりしっかり食べた方が良い。

と、のちのち痛感する事態に・・・・。


photo:03

Aコースは目標走行時間の早い順に、A1、A2、A3と並びました。

この写真はスタート1時間前かな?


正直、A1で最後尾につけてもよかったかな?と思うほどに、A2の数が多かったあせる

A2の前の方に並べたのでよかったが、足切りタイムはA1~A3も同じなのにA3のスタートが

だいぶ遅かったことを考えると・・・・。


どうせ走り出せば各々のペースになるんだからA1でも・・・なんて思ったりべーっだ!


photo:04

AM6:00

スタート開始ビックリマーク


A1スタート完了から5分(だったかな?)置いて、A2もスタートビックリマーク


スタートと同時に一緒に行ったタックンEVOさん・・・・・さようなりーしょぼん

脚力差を痛感しつつ、マイペースで走ります。



photo:05
佐渡のみなさん、どうもどうも!

みなさん知ってるでしょ?

新発田の熊猫でぇ、ございまーすパンダ音譜<おい、パイ喰わねぇか?



沿道の応援がすごく力になりましたクラッカー



photo:06


この写真は尖閣湾の近くですね。

海岸沿いのそれなりに斜度のある道を走りますが、大佐渡は基本追い風だったので

とても走りやすかったニコニコ




綺麗にな海や荒々しい岸壁を見ながら走っていると・・・・






photo:07

Z坂キタ―!(ノ´▽`)ノ



「うーわ、綺麗なZ字だなぁ~パンダ汗


感動する瞬間ですねw

photo:08

もちろん、登ればこんだけ綺麗な海岸を見せつけられるんですから・・・・


最高だZ坂ー!!!ヽ(゜▽、゜)ノ



と、ここから続けて・・・・


photo:09

地味に難所の大野亀キタ!(≧▽≦)


カンゾウという黄色い花黄色い花が咲くことで有名な大野亀ですが、見た目より斜度があるため

立ちコケする人が割といるpointですね。


ここまでノンストップで走り、両津までの最後のASで補給休憩。


しかし、朝の補給不足があったためか、疲労感が想定していたよりも大きくて・・・・


タイムを優先してASを飛ばしてきましたが、2つ目くらいは止まって食べておけばと、後悔波




両津に向けて南下する道中、

ハンドサインを巧みに使うパンダーニジャージを着たローディさんとランデブー音譜


そのパンダーニさんが仕切って仕切って・・・・




photo:10
けっこう長いトレインが出来上がる(*゜▽゜ノノ゛☆


写真のチームも加わって、さらに加速して30名近いトレインが佐渡を駆け巡りました音譜

もちろん、無賃乗車はいけませんのでしっかり身体でお代を払いましたよDASH!



続くビックリマーク

AD