莉奈オフィシャルブログ「莉奈ログ」Powered by Ameba

莉奈オフィシャルブログ「莉奈ログ」Powered by Ameba


テーマ:

かなり遅くなりました、「RENT」観劇ブログ。

 

 

久しぶりに観たRENTでしたが、改めてこの作品がどれほど好きかを思い出しました。

高校生の時に初めてその楽曲に出会い、iPodに入れていつも聴いていて。誰かに何か否定をされたり強いられた日には"Take Me or Leave Me"を聴き、出かける時には"Out Tonight"を聴き、"Without You"を聴きながらベランダで何時間も泣いた日もある(笑)

他にも、RENTという作品の思い出はたくさん...。

今ではニューヨークのあの物語が東京の人生と勝手に重なり、青春時代を共にした楽曲の数々に心揺さぶられまくりの数時間でした。

 

何かを強く想って生きることについて、すごく考えさせられるの。

昔からそれが自分を食い尽くしてしまう程にいつも何かに掻き立てられていて、時にはそれが苦しくて仕方なくて。

だけどRENTを聴いたりみたりすると、ひとりじゃないって思えたんだよねー。

 

でもいつからかな、それが少しなくなっちゃったのかな、と思った。ついにハングリー精神が自分を食い尽くしたか、なんて。

 

でも今回、あたしは何の為に生きてるんだろう?って考えながらみていたら、時として自分の時間や自分自身が色褪せて見えたのは、それがなくなったからではなく、あたしが情熱を注ぎたいと思う対象は昔から定まっていたからなのかもと気付けた。

 

RENTは病がもたらす死を描いているけど、いろんな意味での「生と死」も描いていると思うんです。

 

人には生きる為に必要なものがいくつか決まっていて、それがない時間は死と同じ。って。だからこそしがみついていかないといけないし、直接的に手元になくても生きる為にそれを日常に繋ぎ合わせていかないといけない。

だから少しでも脈うつ何かがあるうちに

それに気づいて、それを認めて、他の誰でもなく自分で自分に許可を出して生きていっていいんだ、むしろそうしなきゃいけないんだ、そうしたいんだと、また強く思うことができました。

人生の中での生死があるから、生きている時間がより色濃くなると捉えるのもいいのかもしれない。

あたしが生きる為に必要なものは、やっぱり決まっている。

このタイミングで観劇に来れて本当に良かったなぁ。

 

終演後は丘山晴己エンジェルに会ってきたー!

 

ロミジュリ初演からの仲!相変わらず本当に面白いし会うとなんか安心します(笑)エンジェル絶対にぴったりだと思ってた〜。

やっぱりダンスがキレキレで、とっても可愛かったです。

 

 

To days of inspiration
Playing hooky, 

Making something out of nothing
The need to express-
To communicate,
To going against the grain,
Going insane, 

Going mad
("La Vie Boheme")

 

 

 

 

 

莉奈

 |  リブログ(0)

莉奈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース