資料作り

それにしても、わかりやすく正確な資料を作るには、本当に時間がかかる。

話の内容は一般的であっても、これを初心者が見てもわかるように書くことは結構難しい。

半分わかってもらえれば、よいかとも思っている。

ある意味、1回聞いただけで半分でもわかればかなりの天才だろう。

私自身、知的財産法に、本当に入り込めるようになるまでに何年も要した。

本当にやる気になるのは、感情が入ったときだと思っているから、やってやろうと言う感情が入らなければ学校の授業と同じになってしまうだろう・・・。

その感情を少しでも引き出せるかが、セミナーを行う者のメインテーマであり、課題であろう。