女王陛下(斑目 理奈) Offiial Blog

女王陛下(斑目 理奈) Offiial Blog

モデル女王陛下(斑目 理奈)のオフィシャルブログです。


テーマ:
3月は東京で2日間別のカメラマンさんと撮影しました。

2日目はIsao Amanoさん(https://www.instagram.com/isaoamanostudio/)

プロカメラマンさんで、個人では色んな人間の人生を撮ってみたい、と仰っておりました。

{BF7E0C2C-A2FD-4454-9EF9-4B58B329BE51}

そんなあまのさんに当日依頼されたのは

「変な鳥になってみて」

えっ、うん、、、、

{702797DC-920C-4E0D-B49E-AAD8216B31E1}

なんだろう?これでいいのかな????

「大丈夫、俺もよく分かってないから」

あまのさん!!!wwwwww

プロカメラマンさんって、どっかおかしいところがある気がしますw

良い意味で、刺激になりますw

{FD23371A-C80B-415B-A19F-37CF147E50D0}


わたしのリアル って感じがしました。

{C2A79856-E624-432C-82C5-7CBAEC3B484C}


可愛いとか綺麗の為だけじゃないモデル

作品やアートの為だけじゃないモデル

何だかそんな知らない世界を見せられた気持ちでした。

{30F454D3-C579-4AF6-A12D-18125A7FF676}


とっても自分らしいなーと思います。

ポージングはガッチガチに指定されているんですがwww

凄く楽しくって、刺激的で、自分が変化する2日間でした。

ここからわたしのモデルに対する挑み方が変わった気がします。

赤い鳥、でしたオカメインコ赤薔薇


テーマ:
ごうさんに撮影して頂いた写真のお陰で、
プロのカメラマンさんからお声がかかりました。

たくさん(http://palpalpal.wixsite.com/satisfy-a-little-bit)は普段芸能系のアイドル、バンド、食品等の撮影をされておりますが、
実際に撮りたかったもとはというと、とっても難しい、「見る人によって変わるアート写真」でした。

メイクさんのまみこさん(https://mmkmmk-hairmake.amebaownd.com/)もわたしも、
四苦八苦してたくさんの仰るイメージを何とか想像して仕上がった作品ですw

{C8C8038B-DAEA-4126-BC82-7292A4B22930}

こちらはわたくしからの依頼。
たくさんはポップで可愛らしいものも得意とお伺いし、
「スイーツを使ったイメージやってみたい!」とご相談しました。

{B6B22486-8AFB-4BD1-98DA-5A25A2988FA0}

同じヘアメイクでも急にひんやりとします。

{C3947BFC-36F5-408B-B3DA-A4051A2857BB}

ゴシック!というまあまあアバウトなパターン。
まみこさんのメイクの速さ、センスには脱帽です!

{582D59C6-3C1F-42D5-8D47-5E044003B125}

たくさんが表現したかったもの。になれていたかどうかは不明ですw
ただ、よくわからない写真ではありますね。

あなたの目には、どう映りますか?

{C12BEAC0-BD20-45D1-B1B7-E38DD15C65EC}

「ブラックマリアもいいよね~」から始まった修道女のようなマリアのような何か。

{534A98C8-2E79-4C6B-BE4E-04AA3BF9E9B4}

本来は花をスカートに見立てたアート作品の予定でしたが、
想定以上に花がしおれていたり仕上がりが良くなかったようで、
結局その場のノリで「リチャードアヴェドンのマリリンモンローの顔して!」というたくさんの謎の要望で仕上がったメランコリックな一枚。

{B71B4D7A-89F2-4610-B773-7010C45D9B0C}

ただこのメイクアップ、作品より数倍慈悲深く美しくて!!!w
わたしこんなメイク今までできたことないwww
何ともマリアの優しさと荘厳さを感じる仕上がりだったのです。

{6AD70A6D-AC67-4F0F-A8B7-D6FE592CED1B}

こちらはもう魔王ですね。
余談ですが19の頃バンドの後輩に「魔王様」と呼ばれていました←

{696B150A-383C-4BD1-8C3F-7912A37E8A4E}

ヌード。女性の身体のラインって本当に美しい、、、、!!!
しかしこの時期はまだ筋トレを始めていないので、ちょっと身体がぽよってますね。

お気づきかと思いますが、全部で約6パターンくらいヘアメイクも変えて撮影しています。
この日は確かスタジオ6時間。
なんだろう。。。なんでこんなに撮れ高いいんだろう。。。

とにかくとっても楽しい撮影でした。
みんながそれぞれ自分を持っていて、自分の美的感性があって、それを一枚に凝縮していく作業。

基本的に共同作業は苦手なのですが、
モデル業の際のモデルさん、カメラマンさん、自分の関係というのはとっても好きです。

また3人で作品撮りしたいな!
では!


テーマ:
臣さん(http://www.heavenandhell.jp/photographix/)の本業は実はプロエンジニア。

びっくりするくらいやばい経歴の持ち主なのに、
何故かカメラもプロ級という器用すぎる人。

そこで当日「メイクさん呼ぼっかー?」という軽いご提案によりいらっしゃったメイクさん
「んー、最近ロンドンから帰ってきたの。
ロンドンではファッション系のメイクアップアーティストやってたよー」
という完全にプロのメイクさん。

Vogue Italiaにも作品を送られており、
メイクはもう繊細で美術的。

撮影経験4回目にしてやばい人達に囲まれちゃったな、、と思いながら、
気合いで撮っていただいた何ともビューティな作品。

{562BFCE0-5558-4ABC-87B4-35808BE01F5E}


未だに宣材で使わせて頂いておりますw

ヘアメイクが崩れると直してくださるまみさん。

{BC67EEBB-5DA8-46BA-AA67-58E4CA576BA2}


この後撮影を重ねれば重ねるほど、
途中で歯についたリップを拭いてくださるメイクさんって本当に有難い、、、、と思うのでした。

「ドラゴンタトゥーの女みたいなロックなのが撮りたい!」というわたしの要望で撮影頂いたパターン。

{3DBF0797-458F-4684-8FD3-ECFD0FE5935E}


大満足みかんでした🍊
いやもう、なんてパンクなんでしょう。。。

最後は臣さんご依頼の「綺麗な感じ!悪そうな感じ!」からのまみさんのラメ混ぜグロス涙メイク。

{0FE315A7-5759-49F0-A98B-07F696D35F11}


今思うと、臣さんの「悪そうな感じ!」をもっと悪そうに出来たような気もしてw

日々仕上がりを見ては進歩を図る繰り返しですね。

ではでは◎

テーマ:

ごうさん(https://twitter.com/gou4you)に撮影して頂いた写真がとっても人気で、
モデルやろうかな?と思い始め、サイトを製作することにしました。

製作にあたって、わたしのTwitterネームが女王陛下だったため、
女王陛下っぽい写真がバナーだったらいいなーと今思えば安易すぎてバカとしか思えない依頼をごうさんに致しました。

宮殿で~ドレスきて~王冠をかぶってて~あっちょっとVogueみたいな感じで~、、、、
いやいやコスト全然考えてないやん

といううちに出来たのがこれ

{37351C64-D81C-4142-AB24-C54E4B0DF06D}

VogueってかV系やんけ。
と思ったけど案外人気だしわたしも気に入ってます。

こちらのスタジオは「スタジオBe」さん。
己龍、コドモドラゴン、Roysもこちらのスタジオを使用しているようで、
サインポスターが貼られておりました。

{15AE99FC-7135-4B01-9F47-7C6FA162EE15}

{E0B1EBBE-7342-4988-8D20-A3E1BC5AC973}

真面目な話をすれば、わたしが憧れているのはSM嬢の女王様じゃなくて、
イギリスの女王陛下、エリザベス1世ですね。

なのでかなりはしょった感はありますが、
ウエディングドレスと王冠でラグジュアリー王室みたいなイメージに作ってみたつもりです。

{E02C1390-EC85-4D83-90F3-6E4E1777F62C}

因みにこの撮影は、クレジットのない写真は全て自分でレタッチしました。

どうしてもVogueに近づけたくて、無理矢理色調ブルーに寄せた感じですね←

ごうさん、めっちゃ疲れた~って仰っていたの思い出すw

しかしスタジオBeさん、本当に素敵な場所だったなあ、、、
宮殿スタジオを巡るとか贅沢なことしてみたい!!!←


ではでは✩

テーマ:
わたしのTwitter、元々何だったか知ってる人います?w

実はわたし映画マニアで、ただの映画評論+アフェリエイトアカウントだったんですwww

そんな頃、2014年の撮影作品を見ていて、
また自分も撮られたいな~なんて思って
「モデルやりたいよー!」って発信したのがきっかけで
ごうさん(https://twitter.com/gou4you)にお誘い頂きました。

{62716CA2-97C4-423A-8E3F-24EA943ABDBD}

初めは恐ろしいほどの初心者で、鏡を置かないとポージングもできないほどでした。

にも関わらずごうさんはお優しく
「初心者のモデルさんは鏡を置くと自撮り並のプロポーションが得られます」
と笑顔で仰っていたのを覚えています。

初回のカメラマンさんに恵まれすぎましたねw


構成は、「囚われた結婚式帰りのお嬢様」

{24C56B09-FAFE-494B-876E-4960731C11D4}


ごうさんの生息地、秋葉原のアダルトグッズショップで手錠を買ってきて下さったのを思い出しますw

ドレスはたまたま家にあったパーティードレス、お靴は中古品ではありますがMARC JACOBSの可愛らしいサンダルを用意致しました。


「ナースコスプレでロックに激しくホラーに!」

{FE11E75B-5B24-4C8A-A0CB-3F90416DD706}

ちょっと攻めすぎかな?とも思いましたが、意外と合ってるナースニーハイ。
コスプレ衣装自体は、当時働いていたアダルトグッズショップで購入した私物ですw

使いたいカメラマンさんいらっしゃれば教えてくださいねw

{336A01D0-C361-45D1-9F79-BFF6D8B00336}



「初心者S嬢様?」

{1DF64BFA-2FA7-4CF8-ABCB-AE1335F78874}

いいえ、本来はコルセットにブーツでハードにいきましょう、とのことだったはずですが、
わたくしが未熟な為に、初心者S嬢な写りになってしまっただけでございますwww

この頃は今より10キロ太っていて、中々よくこれで撮影したいなんて言ったものだとも思いますが
見返してみると写真集なんかではこっちのが迫力があったりもします。

コルセットは実は中国直輸入品なのですが、
全く気にならないほどお気に入りのデザインですね。

ハットは確か原宿のコスプレ?ショーガール用の衣装なんかが売っているお店で購入したような気がします。

後にも何度も出てきますね、このハットw
お気に入りです。
普段は家の骨格彼氏が被っております。

{A824D229-53F0-4B95-9F15-6B15FA9C03DA}


ではでは、また(^^)



テーマ:

ブログ、始めてみました。

 

バックグラウンドがない方がいい作品もあるかと思いますが、

これはこれで楽しんで頂けたらなあと思います◎

 

わたしが初めてモデルとして撮影したのは、2014年のことでした。


カメラマンさんはYoshito Aoi(http://www.ne.jp/asahi/moony/net/monochrome/index.html)


友人に「撮影するから一緒にこない?」と誘われたのをきっかけにたまたまうっかり撮影した感じです。

 

 

彼はバックグラウンドがロックなので、お酒を飲んで、好きな音楽を流して撮影するというスタンスでした。

 

わたしは当時ジャックダニエルばかり飲んでいたので、

生ぬるいコンビニのジャックのボトルを片手にだらだら踊っていたのを思い出します。

 

 

とある始発点の思い出ですね。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。