RINログ

私、RINのカメラ機材・写真に関して思ったこと。
また日常などの記録(ログ)を書いていくブログになります。


テーマ:
こんにちわ。
 
お盆休みも終わって憂鬱ながらも仕事始めなみなさん…一緒に頑張りましょう_(┐「ε:)_
 
さてさて、今回よりしばらく機材レビューをしていきたいと思います(^。^)
 
まずはこちら^_^
 
 
{6B7BBD24-B919-4738-AE22-35E027DB5CDB}
XF18-55mm F2.8-4.0 R LM OISです(^○^)
 
X-T2&バッテリーグリップに装着した感じがこちら(^ν^)
 
 
{E9379081-B6AC-4821-AE1C-AC7E5482E7C4}
皆さん最もよく使おうであろう標準ズーム…F2.8始まりなんですが…これがなんとキットレンズなんです(^。^)
 
普通キットレンズってF3.5-5.6もしくはF4.0が多いですよね(°▽°)
 
詳しい内容はこちらで見てもらうとして↓(^-^)↓
 
実際使ってる感想ですが、キットレンズとは思えない解像感とレンズのクオリティです(°▽°)
 
まず、絵作りですが標準ズームの画角ってことで、やはりメインは風景でしょうか。
 
 
最近、野生動物写真で写真提供などをしてるせいか、あまり風景を撮らなくなったのですが、それでも大久野島のうさぎさんの時はたまに登場してもらってます^_^
 
 
めっちゃシャープに写ってませんか( ^ω^ )
画質としましては、広角側から開放からでも十分シャープな絵作りをしてくれます。
 
テレ端は少々甘いですが、作品作りに支障が出るほどでもなく、1段絞ればシッカリ解像します( ^ω^ )
 
色に関してはさすがFujifilmさん(^_-)
 
とても素敵な色を発色してくれます。
 
正直、キットレンズって写真に拘り出すと、すぐ売ってしまうような扱いが多々ある立場ではありますが、このレンズはまさに例外と言うべきレンズでしょうか…めちゃくちゃ使えます(笑)
 
そしてこのレンズの良さは外装にもあります。
 
普通キットレンズってプラ外装にプラマウント(金属マウントもあり)が大半ですが…このレンズは外装もマウントも金属で出来ています(°▽°)
 
レンズを触った時のヒンヤリ感…堪らんですよね(笑)
 
外装が金属だからなんだ!!高級感がなんだとと言われれば終わりですが、やはり所有感はあってなんぼですよ(笑)
 
 
そしてなんといっても軽量コンパクト!!
 
やっぱ軽いは正義ですよ奥さん!!
 
FujifilmのXマウントはAPS-C専用ということで、マウントもAPS-Cに必要なサイズのマウントになっています。
 
そのおかげでレンズ周りの大きさがかなりコンパクトに納められます(°▽°)(この話はまた後々ブログで(笑))
 
このレンズの良さをまとめますと、
 
「軽量コンパクトでキットレンズにも関わらずとてつもないクオリティを持ち合わせてるレンズ」
 
っとでも言っておきます(笑)
 
一つ悩ましいのが、大三元のXF16-55mm F2.8 R WRと画角がガッツリ被るところ。
 
もし悩まれるのでしたら以下を参考にして見てください。
 
 
①中望遠以上の画角を多用する・雨の日の撮影はほぼ行わない
 
こんな方はXF18-55mm F2.8-4.0をお勧めします。
 
②中望遠以下の画角を多用する・過酷な条件下でも使用する・単焦点レンズに負けない画質が欲しい
 
こんな方はXF16-55mm F2.8をお勧めします(°▽°)
 
こんな写真と簡単な使用感レビューで如何ですか?
 
次回はXF35mm F1.4Rのレビューになりますので、皆さんどうか飽きずにお付き合いください(笑)
 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

RINさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。