相続・遺言・成年後見に力をいれている

奈良の女性行政書士&ファイナンシャルプランナー(FP)です。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

成年後見制度に関して、

先日は、成年後見人には親族後見人が望ましいとの見解を

通達で出したことがニュースになりました。

 

 

さらに

成年後見人の報酬についても

最高裁判所が全国の裁判所に通達を出したことが報道されています。

 

 

毎日新聞の記事はこちら

『成年後見人報酬 定額制見直し、業務量で算定 最高裁が通知』

https://mainichi.jp/articles/20190323/k00/00m/040/337000c

 

 

 

 「定額制見直し」

これまで「定額制」という言葉で報酬について説明されることは

なかったように思います。

 

 

今ままでは、

成年後見人の報酬は、ご本人の財産の額でおおよその目安がありました。

 

 

 

たとえば、

管理財産額が1000万円以下の場合は、基本的に月額2万円

 

 

これに加えて、

身上監護等で特別困難な事情があった場合には、

付加報酬の申立をして認められれば相当額の報酬が付加されるという具合です。

 

 

あくまでも目安であるとのことでした。

 

 

 

 

ですが、

管理する財産の額が大きくても、

後見人の業務量が増えるというわけでもないのに、

財産額が多額になるというだけで報酬額も高額になること

財産管理以外の事務は評価しずらいこと

などの問題点が上げられています。

 

 

 

今後は、

基本報酬という考え方はとらず、

後見事務を類型化して、難易度に応じて標準額を定め、

後見事務の質に応じて、報酬額を決めていきましょうということ

だそうです。

 

 

成年後見制度については、

使いやすい制度になるよう模索が続いていますね。

 

 

 

 2000年に介護保険制度と同時にできた制度ですが、

介護保険も都度変化しながら運用されています。

 

 

成年後見制度もより使いやすいものになることを期待します。

 

 

 

 

 

 

 

ホームページ:https://www.rinhoumu.com

フェイスブック:https://www.facebook.com/rinhoumu/