こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

奈良の女性行政書士、凛法務行政書士事務所です。

 

 

平成31年1月13日から自筆証書遺言に関するルールが変わっています。

 

 

今までは、自筆証書遺言のすべて(全文、日付、名前など)を

自らの字で書かなければ自筆証書遺言として有効なものにはなりませんでした。

 

 

ですが、高齢化社会になり、

これから相続で争いが増えないようにするためにも、

自筆証書遺言のルールが緩和されました。

 

 

自筆証書遺言のうち、

財産目録については、パソコンで打ったものや

通帳のコピー、不動産の登記事項証明書を添付し、

そのページに署名捺印すればよくなりました。

 

 

たとえば本文で

「別紙財産目録1記載の財産は、○○に相続させる。」

などと自書した場合、

別紙財産目録1が預貯金の場合は、

銀行名や口座番号がわかる記載がある通帳の見開きのページのコピーをつけて、

そのページに、お名前を署名し捺印すればいいということになります。

 

 

画像は政府広報オンラインより

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201809/1.html

 

 

 

自筆証書遺言を書く人にとっては、

少し負担が減りますね。

 

 

とはいえ、自筆証書遺言を書くのには、

どう書いたらよいのか、どこからどう整理したらよいのか

お悩みの方も多いようです。

財産目録になる財産がわかるものをコピーしてお持ちくださいね。

 

 

遺言書の書き方セミナーなどを特には開催していませんが、

個別にご相談に応じています。

 

 

 

 

法務局で自筆証書遺言を保管してもらえるのは、

平成32年7月10日からと少し先です。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ。

https://www.rinhoumu.com/お問い合わせ/

 

 

 

゚*☆*゚*☆*゜*:.。..。.:*・*:゜゚・*:.。. .。.:*・゜*☆*゚*☆*゚

 

法務行政書士事務所 

電話:050-1323-1864

 

ホームページ:https://www.rinhoumu.com

フェイスブック:https://www.facebook.com/rinhoumu/

 

゚*☆*゚*☆*゜*:.。..。.:*・*:゜゚・*:.。. .。.:*・゜*☆*゚*☆*゚