再会

テーマ:

こんにちは!

 

今、朝のジョギングから帰ってきたところです。

今日はちょっぴり冷えるけど、スッキリ晴れた気持ちの良い朝ですね。

 

さて、昨日はタイのガモン先生が来日されているとのことで、術後の診察を受けて来ました。

 

スッポンポンで手術台にあがって診察を受けるのは、少し恥ずかしいのですが、同時に何故か少し懐かしい気持ちにもなりました。

 

先生の診察では、患部はまだ僅かに腫れが残っているけど、術後の経過は良好とのこと。

 

女性器の内側や外側にオエストロジェルなどの塗るタイプの女性ホルモンを塗布すると良いとのアドバイスを受けました。

 

さっそく、注文してみよっと(^^♪

 

そして、何より楽しみにしていたのが、先生の来日に合わせて同行されていたガモン病院日本人スタッフのHさんとの再会で、診察の後、同じ日に手術した真瑚ちゃんと三人でお食事をしてきました。

 

Hさんとの出会いは丁度1年前の今頃でした。

 

ガモン病院で手術を受けることを既に決めていた私は、手術のことで聞きたいことがあり、HPの問い合わせフォームからガモン病院へ直接質問を送ったのがきっかけです。

 

英辞郎やGoogle翻訳を使いながら下手くそな英文で質問したのですが、返ってきた返事は、何と、とても丁寧な日本語!

 

そう、それがガモン病院日本人スタッフ、Hさんからのお返事だったのです。

 

それから、手術に関する細かい質問や手術の手配、空港への出迎えから入院中の様々なケア、、、どれだけお世話になったことでしょう。

 

彼女へは、どんなに感謝しても感謝しきれません。

 

感謝の言葉を述べる度、いつも彼女は、

「私は普通に病院のスタッフとして仕事をしてるだけ。」

と、独特の少し低い声で少し照れながら答えます。

 

でも、それは全然違います。

 

タイでの滞在中も、朝早くから夜遅くまで、本来の仕事の枠を大きく超えて、担当した患者さんを優しくサポートしてくれました。

 

ちょっぴり涙もろくて、とってもとっても、優しくて暖かい方なんです。

 

真瑚ちゃんは、私たちにとって「お産婆さん」のような存在って昨日言ってたけど、

私にとっては「タイのお母さん」かな。

 

ま、どっちにしろ、年齢が近いのに「お産婆さん」やら「お母さん」だなんて失礼な話なんだけどね(笑)

 

でも、それくらい、我々にとっては恩人です。

 

昨日は、短い時間だったけど、三人でイタリアンやスイーツを食べて最高の時間を過ごしました。

 

[チーズフォンデュとワイン]

 

真瑚ちゃんも私も、Hさんに会いにまたタイに行こう!と決意した、そんな素敵なひとときでした。

 

最後に、駅の改札でお別れした後も、Hさんは、お互いの姿が殆ど見えなくなるまで、改札の外からずっと我々に手を振り続けていました。

 

人ごみにかき消されて、もう手の先しか見えないヨ(涙)

 

タイのスワンナブーム国際空港で、日本に帰国する我々をゲートの向こうから心配そうに見送ってくれた、あの時と全く同じように。

 

ずっとずっと。

 

Hさん、また、きっと会いに行くから、タイで待っててね!

 

 

 

 

 

[ワイン片手にゴキゲンな私]

 

[私、真瑚ちゃん、Hさん]

 

 

 

 

↓ランキングに参加しました。

(下のバナーをクリックして頂くと、とっても嬉しいし、励みになります)

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 性別適合手術へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ


人気ブログランキング

AD

コメント(2)